芸能

ビートたけしの金言集「“悪乗り合戦”がスタートしたらノリノリ」

 その昔、殿の付き人を勤めていた、大変内気でおとなしい若手が、夜、繁華街を歩いていると、タトゥーの入った兄ちゃんに因縁をつけられ、軽く殴られたあげく、転んだ際に腕時計を壊してしまうという、なんとも運の悪い“通り魔的災難”に遭遇したことがありました。

 翌日、少しばかり腫らした顔を下げてやってきた、その若手を認めた殿やわたくしたちは、“昨夜のとんだ災難”について早々と事情聴取を行うと、みな口々、「悪いやつがいるもんだ」「しかしお前は運が悪いな」と同情的感想を言いあったのです。

 が、最初はみなと一緒に同情していた殿でしたが、そういった“予定調和の空気”に飽きたのか、

「あれだな。お前、自分の手でガンガン自分の顔を殴ったり壁にガンガン頭ぶつけたりしてよ。もっと顔腫らして警察行って、『これだけやられました。犯人捕まえてください』ってやっといたほうがいいだろ」

 と、実に楽しそうにふざけ出したのです。それを合図に、その場の空気が“よし、ふざけ合戦スタート”となり、すぐさまわたくしも「時計の他にも、家にある洗濯機とか炊飯ジャーなんかを壊して持ってってよ。『これもやられました』って言って、全部新品に替えてもらえよ」と調子に乗って被せていると、こういった“悪乗り合戦”では決まって一番ドギツイことを言う殿が案の定、

「あと家帰ったらすぐトイレの洗剤とか殺虫剤とか体に悪そうなもの全部飲んでよ、フラフラになりながら警察行って、『もう死にそうです。犯人をみつけてください』ってアピールしとかないとダメだろ」

 と、ノリノリでアドバイスをされたのです。

 殿はこういった、シリアスな話をちゃかしてふざけるのがことのほか大好きであり、話題が深刻であればあるほど、殿の“おふざけ強度”は強まります。

 そんな殿も、よくわからないところがあって、殿が開始されたおふざけ合戦に、こちらもあーでもないこーでもないと被せていると、いきなり“マジな返し”をされることが結構あるのです。以前、わたくしの母が所沢でスナックをやっている、といった話題から殿の悪ふざけが始まり、

「お前んとこは常連客に保険かけて、ヒ素とかトリカブトとかを少しずつ酒に混ぜて飲ませてんだろ」

 だの、

「お前の母ちゃんはまだ2階で客とってんのか?」

 だのと、青天井状態でふざけまくっていた殿に、わたくしも合わせる形で、

「殿、失礼なことを言わないでください。母は客はとってません。去年できっぱり辞めました! ただ殿がどうしてもとおっしゃるのなら、特別に復活して、30分8000円でいかがですか」

と、意気揚々とふざけると、殿は瞬時に真顔になって、

「俺はいい!」

 と、ぴしゃり。どうも、わたくしのおふざけ具合が、お口に合わなかったようなのです。師弟関係とは、なんとも難しいものです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!