芸能

矢口真里がドッキリで“マジ喧嘩”放送事故!過去にはあの芸能人にブチギレも

 5月17日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に、タレントの矢口真里が出演した。同番組にて放送された、矢口へのドッキリ企画が大きな反響を呼んでいる。

「番組では、『説教くらった後にカラオケで「恋のダンスサイト」を歌われても、さすがに「セクシービーム」入れづらい説』という企画で、矢口がモーニング娘。時代のフレーズをどんな状況でも叫ぶかという検証が行われました。そして仕掛け人の遠野なぎこは、予定通りに説教を始めたのですが、矢口は『なんでそんなこと言われなきゃいけないんですか?』『私だって(仕事を)やりたくてやってるわけじゃないですよ!』と怒りで声を震わせ号泣するという予想外の展開となったのです」(テレビ誌記者)

 スタッフも予想していなかったこの矢口のマジギレに、VTRでは途中「テレビではお見せできない」とのテロップが表示され、早送り編集で音声がカットされる事態となった。

 そして最終的にネタバラシで、矢口と遠野は和解したものの、視聴者からは「ここ10年のバラエティで最大の衝撃作」「ノーカットで見たい」「この企画は悪趣味だ」といった賛否が飛び交うこととなっている。

 そんな矢口といえば、昨年は生放送で怒りを露わにしたことがあったという。

「昨年放送された『矢口真里の火曜TheNIGHT』(AbemaTV)にて、タレントの野呂佳代がゲスト出演した時のことです。野呂は矢口に『(不貞問題があったにもかかわらず)なんの思いが強くてこんな図々しくやっていけてるのか?』と追及。すると矢口は『ぜってーバカにしてんだけど! 私そういう態度で来られると、ちょっとキレそうになるからやめて』と口論になり、スタジオをピリつかせました」(前出・テレビ誌記者)

 過去、不貞騒動によって世間から大バッシングを受けた矢口。その後、休業を経て復帰できたのも、そんな気の強さがあったからなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」