芸能

キムタク主演映画苦戦!コミック実写映画を成功させてきたワーナーの「誤算」

 木村拓哉主演の映画「無限の住人」が興行的に苦戦している。原作漫画の連載が5年前に終わっていることも含め、苦戦の要因はさまざまに考えられるが、これまで人気コミックの実写映画化に積極的だった製作・配給のワーナー・ブラザースの近年の動向を見ると、この傾向は今作に限ったことではない。

 ワーナー・ブラザースは06年の「デスノート」2部作で合わせて80億円を超える興行収入を上げ、コミックの実写作品の大作化を推し進めるとともに、その後も「るろうに剣心」(12年・14年)の3部作で合計120億円を超えるメガヒットを記録するなどプロジェクトを成功させてきた。ところが昨年は「テラフォーマーズ」が7億9000万円、「デスノート」シリーズの新作「デスノート Light up the NEW world」が22億円の興行収入で、失敗とは言えないまでも、かつてのシリーズと比べると新たなムーブメントを起こすまでのヒットにはならなかった。苦戦の予兆はすでにあったといえるのだ。

「ワーナー・ブラザースとしては海外でも人気の高い原作をチョイスして世界に売れる作品を目指し、それなりに製作費をかけた実写作品を定番化させていく戦略の一環だったはずですが、その歯車がここに来て狂い始めているようです。視覚効果をふんだんに使った映画の場合、現在の日本では監督・スタッフとも同じ顔ぶれが多く、作風に新鮮さが感じられないことも不振の一因と思われます。今後も8月に山崎賢人主演の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』をはじめ、小栗旬主演の『銀魂』、年末には山田涼介主演の『鋼の錬金術師』と話題の作品が続きますが、これらがある程度の成功を収めないと、少年・青年コミックの実写化そのものを見直さなければならなくなるでしょう」(映画ライター)

 ワーナー・ブラザースと人気コミックの実写映画化にとって正念場を迎えることになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!