芸能

倉科カナの寝起きスッピン披露に「見せ所が違う!」とガックリ続出

 女優の倉科カナが5月17日付のブログで、寝起きかつスッピンの様子を明らかにした。倉科は「寝起きのボサボサ頭でよれよれの寝間着」という画像を公開しつつ、髪を切ったと報告。その姿に「超可愛い!」との声も寄せられているが、中にはガッカリしたファンも少なくなかったようだ。芸能ライターが指摘する。

「理由の一つ目は寝起きのスッピンと言いつつ、顔に強い光が当たっていて白飛び気味になっていること。そして二つ目は、倉科にとって最大の魅力であるFカップバストがまったく見えていないことです。せっかくの寝間着なんですから、首元から渓谷をのぞかせても良さそうなもの。男性ファンはこのモヤモヤをどこにもっていけばいいのかと不満に思っていますよ」

 その倉科は1月期のドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)にて、これまで封印してきたバストをアピールする方向に転換。男性視聴者を喜ばせていた。それゆえ今回のブログでは中途半端さが目立つ形となったようだ。

「胸を出すつもりがないなら、せめて表情だけでも艶っぽさをアピールすべき。たとえば有村架純は4月25日にインスタグラムで眠たそうな表情を公開しており、それが艶っぽいと評判になったばかりです。その有村に比べると倉科は、もっと“艶技力”を向上させたほうがいいですよ」(前出・芸能ライター)

 倉科はミスマガジンで活躍した10代のころから水着グラビアでもニカッとした笑顔が多く、艶要素が少なかった。しかし12月には30歳を迎えるアラサーとなった今となっては、さらに自分の艶気を気にするほうがいいのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像