芸能

広瀬すず&アリス、有村架純&藍里…「姉妹美女」の魅惑ボディ、美味なのはどっち?

 芸能界は今、空前の「姉妹タレント」ブームだ。その牽引役となっているのが、広瀬アリス&すずだろう。

 今や若手NO1女優の呼び声も高いすずだが、清純派と言われながらも、演技とあればカラダを張ることもいとわない。16年公開の映画「怒り」では、艶系シーンにも挑戦している。

「沖縄の離島で暮らすすずが本島に出かけた日の夜、人気のない公園で2人の米兵に襲われてしまう。アンダーウエアは乱暴に破かれ、抵抗むなしく…という迫真の演技力には圧倒されましたね」

 一方、姉のアリスも負けてはいない。1月には映画「新宿スワンII」で、ヒロインを熱演。色っぽいドレス姿でボリュームのあるバストと美脚を披露した。

「過去にはアンダーウエアのモデルとして活躍していたこともあり、作品で肌を見せる場面があっても、完脱ぎでないかぎりは断らないようです」(映画関係者)

 今年の春先から急速に注目度を上げてきたのが、有村架純と有村藍里だ。

 妹の架純はNHK朝ドラ「ひよっこ」でヒロインを務め、「茨城編」では役作りで5キロ増量する気合の入りよう。

「今は『東京編』に撮影が移り、役に変化をつけるため食事制限をして、自宅で腹筋200回、スクワットと背筋を40回ずつ、続けているそうです」(ドラマスタッフ)

 一方、妹の出演作に合わせたようなタイミングで世間を騒がせたのが、姉の藍里だ。これまで「新井ゆうこ」名義で活動。実名に改名するや5月26日に発売された写真集では、肢体の隅々まで解放している。

「白いシーツの上に寝そべると、両手は下半身に伸び、恍惚の表情を浮かべています。HIPはほどよく皮下脂肪が乗っており、寝そべっても型崩れしない弾力のあるバストは推定Dカップといったところでしょうか。藍里のスタイルの良さはもとより、架純の魅惑ボディまで想像しやすくなりましたね(笑)」(グラビア誌編集者)

 サッカーの長友佑都と“アモーレ婚”した平愛梨と入れ替わる形でブレイク中なのが、妹で女優の平祐奈だ。4月に大学へと進学したが、隠しきれないほど成長したバストの破壊力が話題を呼んでいる。

 グラビア誌のライターが興奮した面持ちで語る。

「長袖のワンピースを着用した平は肌見せを控えているかと思いきや、布地をバイ~ンと押し上げるバストに目を奪われましたね。あの大きさだとFカップは確実で、ノックアウトされる男性が続出しています」

 姉妹ゆえに「人気の格差」は残酷なまでに浮き彫りになってしまったのが、上野樹里の姉・上野まなだ。

「あるバラエティ番組に出演したまなは、冒頭いきなり『妹が有名じゃなければ、私なんて絶対テレビに出られないんで』と、ネガティブな自己紹介。さらに、『妹は美人だし、かわいいし、親の顔のパーツ良いとこ全部持っていった』と、人気女優の姉として生きる苦悩を明かしていました」(前出・芸能ライター)

 6月5日発売の「アサ芸シークレットVol.46」では、ほかにも芸能界で活躍する美人姉妹の食べ頃ボディを徹底比較している。どっちが美味なのか、誌面で味わってみてはどうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴