芸能

美女13人の“空前の突起ブーム”を徹底検証!(2)綾瀬はるかはウエットスーツ姿で…

 そんな開けっぴろげな水原に追従する動きを見せたのが綾瀬はるか(32)だ。ハワイロケを敢行した4月発売の写真集「BREATH」(集英社)は、“2年ぶりの水着”が喧伝されていた。

「身につけていたセパレートの水着も多彩ですが、黒いウエットスーツ姿も必見。ズブ濡れになってピッタリと豊満なバストに貼りつき、さらにと目を疑うような“黒突起”まで確認できます」(スポーツ紙芸能デスク)

 織田氏も、攻めの姿勢を崩さない綾瀬を絶賛する。

「彼女の主演作『おっぱいバレー』ならぬ、“おっぱいバレバレー”なベストショット。事務所の先輩で“三十路エロス”のライバルである深田恭子(34)に対し、『ここまでできる?』という挑戦状とも取れますね」

 トップ女優の発奮に、グラビアアイドルたちも負けていられない。もはや“乳首見せ”がお約束になりつつあるのだ。

「14年に発売された筧美和子(23)の写真集『ヴィーナス誕生』(幻冬舎)は、当時まさに売り出し中だった彼女が“爆乳チクポチ”し、業界に衝撃を与えました。またアラサーグラドル隆盛の昨今、杉本有美(28)や山崎真実(31)らも、自身の写真集で果敢にポチらせています。中にはシースルー衣装で乳輪が拝めるショットもあるほどです。グラドル出身者では、Gカップ歌姫として知られ、5月にプロボクサーの井岡一翔と結婚した谷村奈南(29)も、直近の写真集2作で、水着からツンと浮き出た“ニップルショット”を披露していますね」(グラビア誌編集者)

 “国民の愛人”としてテレビでお色気を振りまく橋本マナミ(32)も、14年の写真集「あいのしずく」(ワニブックス)の表紙で、ニット越しに乳頭をポッチリ。

「橋本は今でも雑誌グラビアなどで積極的に脱いでいる印象が強いですが、意外なことに、乳首浮きが確認できるのはこの写真集のみ。それだけに希少価値が高い一作です」(前出・グラビア誌編集者)

 橋本のライバル格である壇蜜(36)は、昨年12月に4年ぶりの写真集「あなたに祈りを」(講談社)をリリースして意地を見せた。

「ここ数年はタレントとして大成功したこともあり、過度な露出は控えてきた。同作では満を持して、純白のシースルー下着から透け乳首をさらしています」(前出・グラビア誌編集者)

 2人の切磋琢磨と、さらなる露出を期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”