芸能

美女13人の“空前の突起ブーム”を徹底検証!(2)綾瀬はるかはウエットスーツ姿で…

 そんな開けっぴろげな水原に追従する動きを見せたのが綾瀬はるか(32)だ。ハワイロケを敢行した4月発売の写真集「BREATH」(集英社)は、“2年ぶりの水着”が喧伝されていた。

「身につけていたセパレートの水着も多彩ですが、黒いウエットスーツ姿も必見。ズブ濡れになってピッタリと豊満なバストに貼りつき、さらにと目を疑うような“黒突起”まで確認できます」(スポーツ紙芸能デスク)

 織田氏も、攻めの姿勢を崩さない綾瀬を絶賛する。

「彼女の主演作『おっぱいバレー』ならぬ、“おっぱいバレバレー”なベストショット。事務所の先輩で“三十路エロス”のライバルである深田恭子(34)に対し、『ここまでできる?』という挑戦状とも取れますね」

 トップ女優の発奮に、グラビアアイドルたちも負けていられない。もはや“乳首見せ”がお約束になりつつあるのだ。

「14年に発売された筧美和子(23)の写真集『ヴィーナス誕生』(幻冬舎)は、当時まさに売り出し中だった彼女が“爆乳チクポチ”し、業界に衝撃を与えました。またアラサーグラドル隆盛の昨今、杉本有美(28)や山崎真実(31)らも、自身の写真集で果敢にポチらせています。中にはシースルー衣装で乳輪が拝めるショットもあるほどです。グラドル出身者では、Gカップ歌姫として知られ、5月にプロボクサーの井岡一翔と結婚した谷村奈南(29)も、直近の写真集2作で、水着からツンと浮き出た“ニップルショット”を披露していますね」(グラビア誌編集者)

 “国民の愛人”としてテレビでお色気を振りまく橋本マナミ(32)も、14年の写真集「あいのしずく」(ワニブックス)の表紙で、ニット越しに乳頭をポッチリ。

「橋本は今でも雑誌グラビアなどで積極的に脱いでいる印象が強いですが、意外なことに、乳首浮きが確認できるのはこの写真集のみ。それだけに希少価値が高い一作です」(前出・グラビア誌編集者)

 橋本のライバル格である壇蜜(36)は、昨年12月に4年ぶりの写真集「あなたに祈りを」(講談社)をリリースして意地を見せた。

「ここ数年はタレントとして大成功したこともあり、過度な露出は控えてきた。同作では満を持して、純白のシースルー下着から透け乳首をさらしています」(前出・グラビア誌編集者)

 2人の切磋琢磨と、さらなる露出を期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒