芸能

米留学中のはずが大阪の居酒屋に!ピース綾部、又吉に劣らぬ「楽しき日々」

 今年4月2日をもって、コンビ活動を休止したお笑いコンビのピース。ツッコミの綾部祐二が昨秋、ハリウッドスターを目指してニューヨークへの留学を宣言。今春、すべての仕事を終わらせて渡米した。それに伴い、相方の又吉直樹は日本に残り、単独活動をスタートさせた。

 綾部の近況を芸能ライターが紹介する。

「綾部は極秘帰国していました。仲のいい南海キャンディーズの山里亮太が、6月28日放送のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で先日再会したと打ち明けた。大阪の馴染みの居酒屋で飲んでいると、千鳥・大悟、シャンプーハット・こいで、月亭八光、銀シャリ・鰻、山里の相方・山崎静代、そして綾部が入店してきたそうです。大悟から飲みの誘いを受けた綾部はその日わざわざ大阪に来たそうです。で、綾部はいったん渡米したものの、旅行程度の短い滞在ののちに帰国。各種手続きをして7月に再度渡米し、本格的にアメリカでの生活を始める、と打ち明けたそうだ。夢をかなえるために、裸一貫新天地で勝負する綾部を山里は、『生き生きとして、スゲェ楽しそうだった』とうらやましがっていました」

 一方、又吉は6月27日、都内で行われたWebムービーの公開記念上映会に出席していた。肩書は芸人ではなくソニーの新製品をコンセプトにしたWebムービーの企画・構成担当者としてだった。新製品は、パーソナルアロマディフューザーとあってムービーの企画構成には手こずったようだが、担当者から「感動しました」と絶賛され、安堵の表情を浮かべていた。

「一昨年、『火花』でお笑い芸人初の芥川賞を受賞し、今年5月に出版した長編小説『劇場』は33万部の売れ行きとなった。その感性をフル回転させて異分野にも次々参入して『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスター、宮古島の旅番組の配信、中国で自著の読者と意見交換したりと文化人的な活動が増えました。イケメンの綾部が熟女好きキャラで先にもてはやされる一方、又吉は読書オタクのキモ芸人的評価で出遅れたが、今や押しも押されもせぬ作家先生。今後も異業種から引く手あまたでしょう」(スポーツ紙記者)

 少なくとも又吉は食いっぱぐれる心配はなさそうだが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”