社会

魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(5)芸能人続出の店があった

 高橋央延は、銀座のスカウトマンとして50年のキャリアを誇る。プロボクサーから転身した異色の存在だが、数万人に声をかけ、1000人以上もの「銀座ブランドのホステス」を誕生させた観察力が光る。

 高橋は“伝説のスカウトマン”と呼ばれた梅宮尚(梅宮辰夫のいとこ)の物語を「アサヒ芸能」で読み、触発されて同じ道を選んだという。さて──、

「顔は二の次です」

 高橋は開口一番、意外な答えで応じた。

「それよりもスタイルのよさですね。背が高い子は銀座という街で、いずれ化けることができる。さらに、こうした可能性のある子はきちんと人の話を聞いてくれます」

 高橋は銀座の街をモノクロのイメージでとらえ、そこに原色の明るい光が差すような女の子がいた時のみ声をかける。

「それは銀行員だったり、すでにホステスとして働いていたりとタイプは違いますが、私は『聞いていいですか?』と断ってから声をかける。スカウトを受ける受けないはともかく『大丈夫です』と話に応じ、最後に『ご苦労様でした』と言ってくれる子は、絶対に成功します」

 長らく銀座の街を見守ってきた高橋や奥澤にとって、間違いなく“伝説の女帝”と呼べたのが、ミニクラブ「徳大寺」を切り盛りしていた徳大寺美瑠だ。現在は銀座と離れたところで暮らしているが、今回、隆盛を誇った70年代の店の様子を特別に語ってくれた。

「店は13坪と大きくはなかったけど、いつも女の子が27人ほどいて、お客さんが次から次へと来ている状態。ウチは決して高い料金じゃなかったけど、あの当時、現金だけで日に100万円の売り上げがあったし、これにカード払いや貸し売りも含めたら、もっと上だったわね」

 この「徳大寺」の名を世に知らしめたのは、在籍したホステスが芸能人として続々、スカウトされたことにある。ハーフタレントで「Oh!モーレツ」のCMで一世を風靡した小川ローザ。同じくハーフで、ファッションモデルとしても活躍したエルザ。

「そういう子がいたというのは偶然なのよ。私は店の方針として、痩せた子も太った子も、ハーフの子も胸の大きい子も、いろんなタイプがいたほうがお客さんも楽しいだろうと思って」

 まだいる。現在は中村雅俊夫人である五十嵐淳子。デビュー曲「涙の太陽」で新人賞にも選ばれた安西マリア。そして今や大女優に成長した風吹ジュンもその一人である。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス