芸能

過激すぎて放送中止「CM美女」の艶技を緊急公開!(2)2度差し替えになった広末涼子のCM

 時を同じくして、「下品」の烙印を押されたのが、「サントリー 頂」だ。7月6日から公式サイト上に公開された「絶頂うまい出張編」は、北海道、愛知など6都市を舞台に、吉川友(25)、柳いろは(26)ら6人の方言美女が登場。地方の居酒屋で合コンよろしくビールを痛飲し、こう叫ぶのだ。

「コックゥ~ん、しちゃった」

 芸能評論家の織田祐二氏は戸惑い気味に、

「まさか、居酒屋でお酒を飲みながらアレをしゃぶるわけでもあるまいし、あまりに過剰に連想しすぎです。酒飲みの立場から言わせてもらえば、地方で美女に囲まれた状況でこそ、おいしい酒が飲めるわけで、特に問題があるとは思えないのですが‥‥」

 しかし、「女性蔑視だ」と批判を浴び、この動画も即日公開中止となっている。

 同様に“淫語”が問題視されたのが13年の「クリアアサヒ プライムリッチ」。松下奈緒(32)が夫に、

「ねぇ、リッチしよ」

 と呼びかけるくだりに、「エッチしよ、にしか聞こえない」とクレームが殺到し、別のバージョンに差し替えられている。

 一昨年に広瀬すず(18)を起用した「明星一平ちゃん夜店の焼そば」のCMもまたしかり。焼きそばの上にマヨネーズを“ブッチュ~!”とぶちまけた広瀬は、

「全部出たと~」

 と博多弁で絶叫。このCMも放送直後にお蔵入りバージョンとなった。

 芸能評論家の佐々木博之氏が解説する。

「なぜ静岡出身の広瀬が博多弁なのか意味不明ですが、結局、CM業界の大人が、女性に“方言淫語”をしゃべらせたいということなのでしょう。そう考えると『頂』は絶頂(オルガスムス)、『コックゥ~ん』は男性器(コック)を指していると深読みできます」

 二度の差し替え騒動に見舞われたのは、広末涼子(37)出演の「からだ巡り茶」。06年は、「広末涼子浄化計画」という文言が薬事法に抵触するおそれがあると、差し替えのハメに。翌年には、

「ブラジャーが透けるほど汗をかいた最後っていつだろう」

 という性行為を連想させるセリフで炎上した。

「広末は当時26歳。すでに出産していましたが、自信があるボディをサービス満点に見せつけていた。セリフもさることながら、へそ出しミニスカ姿の広末がフラフープをグラインドさせる腰つきがエロすぎました」(前出・織田氏)

 旬を逃さないタレント起用が裏目に出た!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
2
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
3
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
4
YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
5
闇に葬られた「放送禁止」作品(7)松山ケンイチ主演ドラマのスポンサー6社中5社が降板