特集

“安倍総理のパトロン”加計学園理事長のズブズブすぎる4年半!

Sponsored

「食事代は私がごちそうすることもあるし、先方(加計氏)が持つ場合もある」

 7月24日の衆院予算委員会で安倍晋三総理は、疑惑の渦中にある「腹心の友」と公言する、加計学園の理事長・加計孝太郎氏(66)との関係について、公然と認めた。その上で、両者の関係は利益供与ではなく接待を禁じる大臣規範には抵触しないとの考えを示している。

 安倍総理が成蹊大卒業後に留学した米国で出会い、親交が始まったのは有名な話だろう。総理の座に返り咲いてからも、全国紙の首相動静にはたびたび加計氏の名前が載り、時には昭恵夫人も交えて、ゴルフや食事をしていることが確認できる。

 しかも、安倍総理と加計氏のズブズブの関係は、第2次安倍内閣が誕生した2012年12月以降急接近。これまでの4年半余りの間に、実に16回も面会していることが明らかになっている。ジャーナリストが語る。

「一部報道では、加計氏は安倍総理に対して『年に1億は使っている』『旅費は全部出している』と吹聴していると言われているほどで、完全に安倍さんのパトロンの関係性です。その親しい関係を通じて、加計氏は政治家や閣僚とも交際の幅を広げてきた。実際、第1次内閣では面会の回数はゼロですが、ここ数年で急激に増えています」

 その内訳も、赤坂の日本料理店を皮切りに、渋谷の焼肉店や東京駅に程近いエグゼクティブラウンジなど、セレブそのもの。さらには、ゴルフ接待や、ゴルフ場近くの居酒屋での会食などいかに親しい間柄か、わかるというものだろう。

 私生活では米国留学時代に出会った前妻とは、8年前に離婚。その後、20歳近く年下の女性と再婚した。沖縄で開かれた結婚披露宴には、くだんの安倍夫妻も参加しているというのだ。

 だが、岡山の繁華街で羽を伸ばす時は、贔屓にしているクラブに顔を出すようだ。地元記者はこう話す。

「特別可愛い子が働いている店でもないのですが、ママのことがお気に入りで職員や知り合いを連れて通っているようです。ママは口が堅いので、マスコミが来た時には“忖度”して追い払ってくれます」

 8月7日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月17・24日合併号)では、豪放磊落な加計氏の「優しい独裁者の正体」を渾身特集。日本中を騒がせている渦中の人物の素顔とは?

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
3
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
4
小木博明「杏さん耐えて」炎上発言を矢作兼が叱るもさらに燃料投下状態のワケ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃