スポーツ

「夏の甲子園予選」2人の個人最多本塁打記録の保持者はともに中日在籍の経験者!

 超高校級スラッガー、清宮幸太郎率いる早稲田実が東東京大会決勝で敗れ、甲子園出場は叶わなかった。清宮自身も単独新記録となる高校通算108号ホームランを放つことはできず、最後の夏が終わったのだった。それでも清宮は今回の東東京予選6試合で4本のホームランを放ち、怪物ぶりを見せつけた。

 だが、今夏の予選ではその清宮を上回るペースでホームランを量産したもう1人の怪物スラッガーがいる。神奈川県の頂点に立った横浜の4番・増田珠外野手だ。何と7試合で5本。しかも5回戦から決勝戦まで4戦連発の快挙だった。夏の神奈川県大会5本塁打の記録は、08年に大田泰示(北海道日本ハム)に並ぶ最多タイ記録である。個人連続試合本塁打4本に至っては、これまでの記録を塗り替える新記録となった。

 とはいえ、上には上がいる。夏の甲子園予選での個人最多本塁打記録をマークした選手を調べてみると2人もいたのだ。しかも、ともに中日ドラゴンズに在籍していた。1人がPL学園(大阪)の福留孝介(阪神)、そしてもう1人が江の川(現・石見智翠館)=島根=の谷繁元信である。

 福留は1年秋から4番に座り、95年第77回大会の大阪府予選では高校の先輩である清原和博(元・巨人など)の持つ大会記録5本を超える7本塁打を放ち、チームを8年ぶりの夏の甲子園出場へと導き、本大会でも4試合で15打数7安打2本塁打7打点。打率はなんと4割6分7厘をマークし、ベスト8入りに貢献したのだ。

 一方の谷繁も高3の夏だった88年第70回大会の島根県県予選で7本塁打を放っている。その中でも特筆すべきは5試合すべてでホームランを記録している点だろう。高校通算でも42本塁打を放っている。現役晩年の打撃成績からは考えられないが、当時は“山陰の怪童”と呼ばれ、強打の捕手として高校野球界で名を馳せていたのである。当然、甲子園へとチームを導き、ベスト8まで進出。だが、谷繁個人としては期待されたホームランを放つことはできず、不発に終わった。3試合で11打数4安打2打点。3割6分4厘という成績を残して甲子園を去って行った。それでもその年のドラフトで横浜大洋(現・横浜DeNA)から1位指名され、入団。以後、15年まで現役生活を続け、日本プロ野球史上最多となる通算3021試合出場を果たし、野球史に残る名捕手の1人となっている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?