スポーツ

「夏の甲子園予選」2人の個人最多本塁打記録の保持者はともに中日在籍の経験者!

 超高校級スラッガー、清宮幸太郎率いる早稲田実が東東京大会決勝で敗れ、甲子園出場は叶わなかった。清宮自身も単独新記録となる高校通算108号ホームランを放つことはできず、最後の夏が終わったのだった。それでも清宮は今回の東東京予選6試合で4本のホームランを放ち、怪物ぶりを見せつけた。

 だが、今夏の予選ではその清宮を上回るペースでホームランを量産したもう1人の怪物スラッガーがいる。神奈川県の頂点に立った横浜の4番・増田珠外野手だ。何と7試合で5本。しかも5回戦から決勝戦まで4戦連発の快挙だった。夏の神奈川県大会5本塁打の記録は、08年に大田泰示(北海道日本ハム)に並ぶ最多タイ記録である。個人連続試合本塁打4本に至っては、これまでの記録を塗り替える新記録となった。

 とはいえ、上には上がいる。夏の甲子園予選での個人最多本塁打記録をマークした選手を調べてみると2人もいたのだ。しかも、ともに中日ドラゴンズに在籍していた。1人がPL学園(大阪)の福留孝介(阪神)、そしてもう1人が江の川(現・石見智翠館)=島根=の谷繁元信である。

 福留は1年秋から4番に座り、95年第77回大会の大阪府予選では高校の先輩である清原和博(元・巨人など)の持つ大会記録5本を超える7本塁打を放ち、チームを8年ぶりの夏の甲子園出場へと導き、本大会でも4試合で15打数7安打2本塁打7打点。打率はなんと4割6分7厘をマークし、ベスト8入りに貢献したのだ。

 一方の谷繁も高3の夏だった88年第70回大会の島根県県予選で7本塁打を放っている。その中でも特筆すべきは5試合すべてでホームランを記録している点だろう。高校通算でも42本塁打を放っている。現役晩年の打撃成績からは考えられないが、当時は“山陰の怪童”と呼ばれ、強打の捕手として高校野球界で名を馳せていたのである。当然、甲子園へとチームを導き、ベスト8まで進出。だが、谷繁個人としては期待されたホームランを放つことはできず、不発に終わった。3試合で11打数4安打2打点。3割6分4厘という成績を残して甲子園を去って行った。それでもその年のドラフトで横浜大洋(現・横浜DeNA)から1位指名され、入団。以後、15年まで現役生活を続け、日本プロ野球史上最多となる通算3021試合出場を果たし、野球史に残る名捕手の1人となっている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)