芸能

ビートたけしの金言集「“ひょうきん族”を振り返るビートたけし」

「身内の笑いとか、楽屋での笑いなんかのノリを、テレビで平気でやっちゃったのが『ひょうきん族』だよ」

 殿は「ひょうきん族」を振り返って語る時、必ずと言っていいほど“いかに自由に好き勝手やらせてもらったか”的なことを踏まえた発言をよくされます。そして、その後に必ずと言っていいほど、

「俺たちがやりだした頃は、もうドリフ(『8時だョ!全員集合』)の全盛期だから、いかにあっちと違うことをやるかだよ。あっちはガチガチに決まった、アドリブのないコントだろ。だからこっちは、好き勝手なアドリブだらけで崩したことをやったんだよ」

 と、“フジの「ひょうきん」vsTBSの「全員集合」”という、わくわくした、あの土曜夜8時の“土8戦争”での戦い方を、さらりと言い足したりします。

 しつこいようですが、本当に殿は「ひょうきん」を振り返る時、こういった発言をよくされます。

 ちなみに殿の家には、タケちゃんマンに扮した殿と、「ちょっとだけよ」のハゲヅラ、丸眼鏡、ちょび髭姿に扮した加藤茶さんが、1枚の写真に納まっているツーショット写真が保管されています。なんでも、「フジテレビで収録してたらよ、なんか加藤さんたちが近くでロケしてて、それで俺の楽屋に遊びにきたんだよ」だそうです。この“昭和お笑いアベンジャーズ”の記念写真、かなり貴重です。

 で、殿が「ひょうきん」の中での当たり役、タケちゃんマンを、かつてこう評していたことがありました。

「ウルトラマンでも仮面ライダーでも、騒いで動き回るのは怪獣のほうで、主役のウルトラマンは実際そんなに奇抜なことしねーんだよな。だからタケちゃんマンも、さんまが毎回はしゃいでボケるから、こっちは基本的には受けで、あんまりボケたりしなかったんだよ。二人でやりだしたら、収拾つかなくなるから‥‥」

 天才同士のせめぎ合いぶりがうかがえる、これまた貴重な発言です。最後に、殿の口から一番多く聞いたことのある「ひょうきん」の思い出を一つ──。

「収録中に俺がおでこにケガしてよ、すぐに病院に行って、3針だか4針だか縫ったんだよ。それでスタジオに戻ってきたら、さんまとか赤信号のナベとかが、『たけしさん、大丈夫ですか? それ、縫ったんですか? 痛そうだな』って、やたら心配して周りに集まってきたから、『3針縫ったよ』って言ったら、さんまが『やった! やっぱり3針だ! わいの勝ちや!』って喜んでんだよ。なんのことはない、あいつら、俺が何針縫うか、昼飯を賭けてやがったんだよ。ひで~野郎だよ!

 殿は「ひで~野郎だよ」と言っておりますが、これまた、当時の“ノッてる番組”での“みんなで遊んでる感じ”がよく伝わる、素敵なエピソードだと強く思いました。

 とにかく、殿の口から語られる、「ひょうきん」の思い出は、どんな些細な出来事でも、いつだって聞きたくてたまらない、わたくしなのです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”