芸能

のん、新CMのセリフは事務所トラブルへの「勝利宣言」だ!

 新たに音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」を立ち上げ、東中野の新築アパートを1棟借りて写真展を開催するなど、最近新たな展開を見せている女優・のんが、今度は人気ゲームのCMに登場した。ドラゴンクエストのスマートフォン向けRPG「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」の“スライム役”として起用されたのだ。

「のんはかつて“能年玲奈”時代の2014年にも同ゲームのCMにも出演しました。今回の起用は“のん”に改名してから、一番大きな仕事じゃないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 このCM出演について彼女は「久しぶりにこの水玉のかぼちゃズボンとスライムの顔になれて、めちゃくちゃ興奮してます!」と喜びを語った。

 今回のCMでは「倒されても篇」と「スライムがあらわれた篇」で登場。「倒されても篇」では、スライムのかぶり物をしたのんが雨や泥で汚れた姿で草原に立ち「何度倒されても、ボクは負けない!」と力を込めて宣言している。まるで今の彼女の生き様を言葉にしたようなセリフに、ネットでは「実感こもったセリフに複雑な気持ちになるが嬉しい!」「逆風に負けずによく頑張ったな」「能年スライムがのんちゃんスライムになって復活するのは本当に嬉しい」など、ファンからも多くのコメントが寄せられた。

「実際“能年玲奈”時代の仕事はもうできないものと、業界関係者のほとんどが思っていましたからね。これは彼女の個人事務所の勝利と言っても過言ではないでしょう」(放送作家)

 実際、昨今ののんの意欲的な活動には、目を見張るものがある。8月6日にはのんのオフィシャルファンクラブ「NON KNOCK(のんのっく)」を開設。自身が立ち上げたレーベル「KAIWA(RE)CORD」では発足記念としてEP盤「オヒロメ・パック」の発売が決定して、予約受け付けも開始されている。

「高橋幸宏を始めとするレジェンドアーティストとの交流が、音楽の世界にとどまらず、映画やドラマの世界にも広がっていけば、メジャー復活への近道にもなるはず。このCMはその第一歩になりそうですね」(前出・放送作家)

 以前所属していた事務所と契約が切れる時に、「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するには、事務所の許可が必要」という旨の文書が送られたというのん。「何度倒されても、ボクは負けない!」精神で、新たな“のん時代”を切り開いていってほしいものだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ