芸能

真木よう子はダマされていた!フォトブック企画があっさり撤回された「裏側」

 女優の真木よう子を巡る「コミケ騒動」が新たな展開を迎えた。クラウドファンディングの「CAMPFIRE」でフォトマガジンの制作資金800万円を集め、その本を今冬の同人誌頒布会「コミックマーケット93」(冬コミ)で販売しようともくろんでいたプロジェクトが8月30日、頓挫したのである。

 CAMPFIREのサイトからは本プロジェクトが削除。つまりコミケへの参加や販売どころか、フォトマガジンの制作自体が取りやめになった形だ。600万円以上を集めた資金については返金が行われるので実害はないものの、後味の悪い結果となったことは否めないだろう。この顛末に、IT系のライターが首をかしげる。

「最も解せないのは、プロジェクト自体が中止になったこと。CAMPFIREの規約では『やむを得ない理由でプロジェクトの開始が実行できないとプロジェクトオーナーが判断』した場合にしか資金募集を中止できないからです。しかし本企画ではコミケでの販売意向こそ取り下げたものの、真木側では具体的な発送予定日も設定し、フォトマガジンの制作を続けると明言していました。ですから本来なら中止は認められないはずなのです」

 当の真木はプロジェクトを中止した理由について「責任者である立場なのに、主導権を握れなかった」と発表。また29日に突如閉鎖したツイッターでは、閉鎖直前にアカウント名を「????騙された????」に変更していた。これらの状況を受けてIT系ライターが続ける。

「もはや真木が周辺の人物にダマされていたと見るのが自然でしょう。詳細を知らされることなく祭り上げられていたと言い換えられるかもしれません。一部でCAMPFIRE黒幕説も囁かれましたが、そうではなく、むしろ、真木から『私はダマされていたのでこのプロジェクトを中止したい』との申し出があったと考えれば、筋道が立っています。それならCAMPFIRE側も『やむを得ない理由』と認めざるをえませんからね」

 女優人生に汚点を残すこととなった今回のプロジェクト。それでも真木のフォトマガジンに期待するファンは多く、その声が彼女の支えになることを期待せずにはいられないところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…