スポーツ

「引退」ではなく「廃業」?もし鶴竜が九月場所で土俵を去ったら起きる大問題!

 土俵人生の岐路に立たされている。

 去る大相撲七月場所においてまたしても休場に追い込まれた横綱鶴竜。場所後の横綱審議委員会では「次に出る場所が勝負。そこで休場などしたら意見は申し上げないといけない」と苦言を呈されている。また、師匠の井筒親方にも「横綱らしい成績を出せなければ覚悟しないといけない」と明言されるなど現役続行に向けて早くも土俵際に追い込まれている。本人が話したところでは、

「ケガをしてからは初めてです」

 という8月30日の錣山部屋での出稽古でも、10日ほど前に「ようやく普通に歩けるようになった」とのことで、九月場所への出場の可否を探っている状況で、仮に出場できたとしても、今までの不振を払拭するような成績を挙げるのは厳しいだろう。そうなった場合、必然的に土俵を下りる決断をすることになるのだが、今のままでは「引退」をすることは鶴竜には許されない。

 現行の制度では、日本に帰化していない外国人力士は現役を退いた後に親方として日本相撲協会に残ることが許されていない。

 最近になって白鵬が日本に帰化することを決意したというのも、この決まりに従うためである。ただ、鶴竜は日本に帰化してはいない。つまり、このままいくと親方になれずに協会を去ってしまうことになってしまう。言うなれば「廃業」である。

 ここ最近は休場による成績不振ばかりが取り上げられる鶴竜ではあるが、番付最高の地位である横綱まで上り詰めたというのは立派な実績である。そんな力士を引き留めることもなく追い出してしまうことは、協会にとっても少なからず損失となるのではないか。

「引退」か、それとも「廃業」か。九月場所の鶴竜の成績次第では、この問題が議論されることになるかもしれない。

(戸畑マサシ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
2
小林麻耶、「キンスマ」出演に「芸能界を引退したんじゃなかった?」の大合唱
3
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
4
真矢ミキ、渦中の千原せいじの話題を吹き飛ばした「胸のナマ渓谷」見せ!
5
ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!