芸能

神田沙也加、マナー欠如のファンに「激怒コメント連発」の真意!

 神田沙也加が9月10日、自身の公式ツイッターを更新。フォロワーに苦言を呈した。「声掛けてくれるのもお手紙くれるのも本当に嬉しいです、どうもありがとう」と述べ、「でも、もう一度言うけれど急に肩や腕を触るのはびっくりするから本当に遠慮して欲しいです!!」「そろそろトラウマになっちゃう」とつぶやいている。相当頭に来ているようだ。というのも、コメントはさらにこう続くからだ。

「逆の立場でちょっと想像してみて欲しい。街で急に、知らないひとに『○○ちゃん』って腕や肩を触られたりトントンされたらびっくりしませんか?死角からだとほんとに驚くよ」

 これに賛同する意見が続々投稿され、意を強くしたらしく「難しい想像じゃないって信じてます」とアピール。その後、自分に共感してくれたと感じたファンからの「みんな沙也加ちゃんが大好きなら本当にやめてあげよう!沙也加ちゃんは優しいからいきなり触ったり嫌な事をしなければ、いつも気さくに笑顔で対応してくれて手を振ってくれたりするよ!」とのコメントをアップした。合計5000を超える「いいね!」がつくなど、かなり盛り上がった。

 こうした神田の言動について、芸能ライターが解説する。

「神田はインスタグラムやツイッターなどをフル活用し、みずから情報発信しています。ブログを持つ芸能人には、宣伝の場と割り切りファンからのコメント欄を作らず、一方的に情報をタレ流す人も多いんですが、神田はツイッターでファンの質問に積極的に返すし、時間が許せばリクエストにも応じています。おかげでリプライが多く、彼女の子供時代を知るファンは、神田と同様、アニメファンが多いため、友人のような気安さで応答し、親近感を感じているようです。神田は10歳で両親(神田正輝と松田聖子)が離婚して神田は松田に引き取られました。その寂しい日々を慰めてくれたのが、アニメやゲーム。友人も少なく、アニメ『セーラームーン』にハマり、声優を夢見ていたほどでフォロワーたちには、家族同様の感情を抱いているんです」

 つまり、神田はファンとの距離が他の芸能人よりもグッと近く、だからこそファンも神田に気安く接触をはかってくるのだろう。とはいえ神田は、昔から一人歩きも趣味といい、その最中に突然肩を叩かれたら驚くのは当然。このぐらいしつこく要請しても、ファンも悪意にとることなく、神田の真意を汲み取ってくれるはずだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」