芸能

盛り上がらない羽田圭介&田中要次コンビ、「バス旅」に太川陽介待望論が!

 人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)の第3弾が9月23日に放送された。同番組は太川陽介と蛭子能収がコンビを組んだ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)の続編にあたり、作家の羽田圭介と俳優の田中要次が過酷なバス旅にチャレンジしている。

 この2人のコンビは、2016年11月放送の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編 熱海~金沢 人情ふれあい珍道中」(テレビ東京系)から始まり、今回で4回目。だが、いっこうに盛り上がらないことで、視聴者からメンバーチェンジを希望する声が出ている。

「最初の特別編の時から『2人の反応がつまらない』『何でこのコンビにしたのか?』『バス旅が一気につまらなくなった』という意見が出ていましたが、その声は強くなる一方です。羽田と田中の2人は反応が薄いので観ていてつまらない。例えばバスの中で一般の人から笹かまぼこをもらっても、普通に食べるだけ。笹かまぼこをきっかけに、トークを弾ませることもない。地域住民とのふれあいが番組の魅力なのに、新コンビはほとんどそれをしないんです」(テレビ誌ライター)

 ここで持ち上がっているのが、太川の復帰を期待する意見だ。太川と蛭子が引退した表向きの理由は「乗ったことがないバスが無くなって、ルートが予測できるようになったから」としているが、実際は蛭子が体力的にきつくなったからだと言われている。

「ギャラの安さに嫌になったという報道もありました。いずれにせよ蛭子はバス旅をやりたがっていません。ですが太川は復帰したがっている。太川と新パートナーのコンビでリニューアルすることも考えられます」(テレビ番組制作会社関係者)

 視聴率も太川と蛭子のコンビ時代はテレ東としては驚異的な9%台をキープし、2ケタを記録することも珍しくなかったが、新コンビになってから7%前後と低迷。太川待望論は高まるばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった