芸能

ロザン宇治原、「アタック25」惨敗で「Qさま!!」の評判まで急落!

 誰がここまで無残な結末を予想できたろうか。

「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(テレビ朝日系)常連回答者で、顕著な活躍が見られているお笑いコンビ・ロザンの宇治原史規が、10月8日放送の「パネルクイズ アタック25」(テレ朝系)に出演。奪えたパネルは0枚というまさかの屈辱的な結果となった。

 京大出身で芸能界を代表するクイズのスペシャリストといえる存在の宇治原は他の参加者同様、一般参加者として応募して予選会を勝ち抜いて本戦出場を決めたが、本戦は一般のクイズマニアたちに全く歯が立たず、回答できたのは正解1問、不正解2問の3回だけ。

 唯一獲得した1枚のパネルも次の問題で正解した他者に奪われ、終わってみれば獲得できたパネルは0枚。応援で番組に訪れていた相方の菅広文に「ゼロ原」と、不名誉なあだ名をつけられる始末だった。

 その後、宇治原は10日放送の関西ローカル情報番組「ちちんぷいぷい」(毎日放送)に生出演。今回の結果について「クイズ研究会とか学生時代から入っていて、今もクイズの同好会とかでやっておられる方がけっこうおられる」と釈明。他の出演者たちがいかに強豪ぞろいかを説明した。

 しかしながら、今回の結果を目の当たりにした視聴者からは「ここまで宇治原が通用しないのはガッカリ」「『Qさま』ってレベル低いのかな!?」「『Qさま』より『アタック25』の方がレベル高いってことだよな」といった声が上がるなど、芸能人と一般人、双方のクイズマニアの力の差に驚きを隠せないようだ。

「他の出演者たちが現役でクイズ同好会に所属しているとしても、『Qさま』にほぼレギュラー扱いで出演している宇治原は言い訳できませんよね。宇治原の歴史的惨敗で、人気クイズ番組の『Qさま』のレベルが実は低いのでは?という声さえ上がってしまった。宇治原は鍛え直しリベンジを望んでいるようですが、相当力をつけないとあの差は埋められないでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、今回の放送でクイズファンが盛り上がったのも事実。宇治原の尻拭いで宮崎美子ややくみつるなどにもぜひとも出演してほしいものだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?