スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「堅実ポールヴァンドル中心視」

 秋のGI第2弾、3歳牝馬による秋華賞が今週のメインだ。オークス馬ソウルスターリングが別路線を歩むことになり、本来なら最有力候補のこの馬の不在は少し寂しい。

 が、桜花賞馬レーヌミノルを筆頭に、オークス2着のモズカッチャン、クイーンSを楽々と逃げ切ったアエロリット、東西両トライアルの覇者ディアドラ、ラビットラン、さらにはファンディーナと主だった顔は出そろった感があり、熱のこもった見応え満点の一戦になるのは間違いない。

 むろん、人気、有力どころは前述した面々ということになるが、伏兵陣も多彩で、馬券的にもかなりおもしろい競馬と言っていいだろう。

 データをひもといてみよう。馬単導入後の02年以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのはわずか1回(馬連1回)のみ。1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は7勝(2着2回)。比較的、順当に収まるGIと言ってよさそうだが、ハイレベルで顔ぶれがそろっているところを見ると、今回あたりは波乱の目もなくはなさそうだ。

 データから言うと、目下ディープインパクト産駒が3連覇中。ならばファンディーナやカワキタエンカなどに目をつけるのも一考だ。が、逆に今回はディープ産駒以外が‥‥と言えなくもなく、このへんは各馬の値踏みをしっかりしておくことが肝心だ。

 ということで、顔ぶれをあらためて見てみる。前走のレースぶりが鮮やかだったことから言うと、アエロリットラビットランは抜けていた。この中間も順調なだけに、このまま勢いに乗って、どちらかが女王の座に就いてしまう可能性も十分だが、ただ両馬とも血統的にはマイラー色が濃く、一抹の不安がある。

 これならポールヴァンドルのほうがよさそうだ。

 決め手にやや甘いものの、実に堅実。そして勝負強い面も兼ね備えており、前走の紫苑Sの内容もよかった。珍しく後手を踏んで、道中はいつもより後方から。が、それでも徐々に進出し、しまい最速の上がり脚を駆使。ハナ差3着に押し上げて見せた。これには陣営もあらためてこの馬の力を認識したようだ。

「違う一面を見せてもらった。本番に向けて収穫のある内容だった」

 こう上原調教師は前走を振り返りながら期待感を込める。さらに状態に関しても「使われたことでグンと良化。心身ともにたくましくなって実にいい雰囲気」と、前走以上を強調する。

 確かに1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。まずは文句なしだった。

 530キロの牡馬勝りの巨漢馬。初めてになる京都の広い馬場は間違いなく競馬がしやすいはずだ。

 ダイワメジャー産駒だが、祖母メルカルはGIカドラン賞(4000メートル)の覇者で、近親に秋華賞を勝ったファビラスラフインがいる。距離の不安は、これっぽっちもなく、連軸馬として中心視したい。

 有力どころが相手となるが、大勢逆転があるならカリビアンゴールドだ。

 前走の紫苑Sは、少々仕掛けのタイミングが早かった。ワンテンポ遅らせていたら勝っていたはずだ。まだ気持ちの面で幼さがあり、初の関西までの輸送で体重が大きく減らないか心配な面はある。が、それさえ克服できるようならチャンスがあって不思議ない。

 バランスの取れた、あか抜けた好馬体で、血統も一流。頂点に立っていい馬で、この中間もすこぶる順調。とにもかくにも体重が大きく減らなければ、だ。能力は確かなだけに、良馬場なら出番があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察