芸能

ウーマン村本の裏でコウメ太夫も…衆院選「投票拒否」芸人の言い分

 10月22日投開票の衆院選は自民党の圧勝で終わったが、投票率は小選挙区、比例代表ともに53.68%と戦後2番目に低い数値を記録。政治に無関心な層が拡大しているのも日本が抱える大きな問題の一つだろう。

 そんな中、そうした層を代表するようにSNSを通じて、過激なツイートをする芸人も注目された。

 ウーマンラッシュアワーの村本大輔は23日にツイッターを更新。〈声を大にして言う。僕は今年は選挙に行かなかった〉と告白。さらに〈多数決の多数が国民の総意なら、選挙に興味なかった俺たちが国民の総意〉と国民の半数弱が選挙に行かなかったことに触れ〈台風の中、選挙にいかせるぐらい政治に興味をもたせろ〉と、日本政治を痛烈に批判。辛辣発言をぶつけた。

この過激ツイートには、「非国民」という言葉をぶつけるユーザーも現れるなど、批判が殺到したが、村本は自身の発言をまるで後悔していない様子で、その後〈ぜひ今回のおれを叩いて、投票行かなかった無党派の人に、選挙の素晴らしさをアピールして〉〈一緒に次回選挙の投票率、いや関心率をあげよう。〉と炎上させたことの“深意”を披露した。

 一方、毎日自身の持ちネタで日常に溢れるチクショーをツイッターで嘆くコウメ太夫の「まいにちチクショー」では衆院選当日に「投票箱に入れたと思ったら~、ラ~メンデリバリーの鉄ボックスでした~。」とツイートしている。

「ちなみに昨年の選挙でもコウメは選挙に絡めたツイートを行っており、『投票箱に清き1票を入れたと思ったら~、ゴミ箱に入れてました~。』と、投票はするに値しないとディスった感じの内容が話題を集めていました。これが政治批判ととらえられ、批判を受けるも一部からは珍しく面白いと好評を得ていたこともあり、今年も選挙に絡めてきましたね。昨年の反響もあってゴミ箱は攻めすぎたと思ったのか、今回はやや抑え気味の内容でしたね」(エンタメ誌ライター)

 コウメの皮肉たっぷりのツイートに対しては、〈コウメには風刺を利かせるような頭脳は無い〉という大変失礼な意見もネット上には見られた。確かにツイートを見ると、一瞬、「岡持ち」という言葉を知らないのか?と思ってしまったが、干されることを怖れない、その勇気のツイートを称賛したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…