芸能

ウーマン村本の裏でコウメ太夫も…衆院選「投票拒否」芸人の言い分

 10月22日投開票の衆院選は自民党の圧勝で終わったが、投票率は小選挙区、比例代表ともに53.68%と戦後2番目に低い数値を記録。政治に無関心な層が拡大しているのも日本が抱える大きな問題の一つだろう。

 そんな中、そうした層を代表するようにSNSを通じて、過激なツイートをする芸人も注目された。

 ウーマンラッシュアワーの村本大輔は23日にツイッターを更新。〈声を大にして言う。僕は今年は選挙に行かなかった〉と告白。さらに〈多数決の多数が国民の総意なら、選挙に興味なかった俺たちが国民の総意〉と国民の半数弱が選挙に行かなかったことに触れ〈台風の中、選挙にいかせるぐらい政治に興味をもたせろ〉と、日本政治を痛烈に批判。辛辣発言をぶつけた。

この過激ツイートには、「非国民」という言葉をぶつけるユーザーも現れるなど、批判が殺到したが、村本は自身の発言をまるで後悔していない様子で、その後〈ぜひ今回のおれを叩いて、投票行かなかった無党派の人に、選挙の素晴らしさをアピールして〉〈一緒に次回選挙の投票率、いや関心率をあげよう。〉と炎上させたことの“深意”を披露した。

 一方、毎日自身の持ちネタで日常に溢れるチクショーをツイッターで嘆くコウメ太夫の「まいにちチクショー」では衆院選当日に「投票箱に入れたと思ったら~、ラ~メンデリバリーの鉄ボックスでした~。」とツイートしている。

「ちなみに昨年の選挙でもコウメは選挙に絡めたツイートを行っており、『投票箱に清き1票を入れたと思ったら~、ゴミ箱に入れてました~。』と、投票はするに値しないとディスった感じの内容が話題を集めていました。これが政治批判ととらえられ、批判を受けるも一部からは珍しく面白いと好評を得ていたこともあり、今年も選挙に絡めてきましたね。昨年の反響もあってゴミ箱は攻めすぎたと思ったのか、今回はやや抑え気味の内容でしたね」(エンタメ誌ライター)

 コウメの皮肉たっぷりのツイートに対しては、〈コウメには風刺を利かせるような頭脳は無い〉という大変失礼な意見もネット上には見られた。確かにツイートを見ると、一瞬、「岡持ち」という言葉を知らないのか?と思ってしまったが、干されることを怖れない、その勇気のツイートを称賛したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!
5
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた