芸能

インパルス堤下の生き残る道は「地下アイドル」転身だって!?

 10月27日に追突事故を起こしたお笑いコンビ・インパルスの堤下敦が、芸能活動の窮地に立たされている。今年6月の自損事故に続いて2回目の交通事故とあって、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーでは「当分の間、堤下の芸能活動は控え、謹慎とさせていただきます」と発表。復帰のメドは立っていない状況だ。その堤下についてアイドル誌のライターがささやく。

「堤下はアイドルに詳しい芸人として、かつてはアイドルイベントやテレビ番組にゲスト出演することも少なくありませんでした。しかし6月の事故を機に仕事の依頼が激減し、昨年まで出演していたフジテレビ主催の夏フェス『TOKYO IDOL FESTIVAL』(TIF)からも今夏はお声が掛からなかったのです。その状況でも7月には『インパルス・堤下敦の☆ドリームアイドルステーション☆』(YouTubeLive)というネット番組がスタートしていましたが、今回の謹慎であえなく中断。もやはアイドル業界にも居場所はほとんどない状態です」

 その堤下は事故前日の10月26日に〈おい!年末暇ですぞ!関係各所の皆様。仕事ください!〉とツイートするなど、ただでさえ仕事が激減していた。そしてアイドル業界からも見放されたとなると、もはや芸能界復帰は困難に思える。だがそんなドン底状態の堤下にもまだ、活躍できる余地が残っているかもしれないというのだ。

「いわゆる『地下アイドル』の世界には芸能界の常識に捉われないグループも少なくなく、いまやイメージが地に墜ちた堤下なら、そんなグループと手を組んで性悪キャラを押し通すのもひとつの手でしょうね。地下アイドルの世界はまさに『何でもあり』ですし、今の堤下に声を掛けようと考えるグループがいても何ら不思議はありません。もはやお笑い業界の表舞台で活躍することが難しくなった今、堤下にはみずから新手の地下アイドル“地下お笑い芸人”として活路を見出すくらいの度胸と決断を期待したいものです」(前出・アイドル誌ライター)

 地下アイドルのライブは東京都内を始め、随所で毎日のように開催されている。その気になれば堤下にはいくらでも出番が用意されているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由