芸能

稲垣吾郎「模擬結婚式」企画に親ジャニーズ放送作家が関与疑惑で非難殺到!

 11月2~5日の3日間の合計視聴数はのべ7200万以上と大成功だった稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾が主役のAbemaTV特別番組「72時間ホンネテレビ」。元SMAPの3人が歌に突撃ロケに運動会、さらには1996年に脱退してオートレーサーに転身した森且行と21年ぶりの共演を果たすなど、SMAPファンにとっては最高の3日間だったに違いない。11月12日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、コメンテーターの松本人志が同番組について「地上波テレビも負けてられない」とコメントし、ネットテレビが、地上波を脅かし始めたことも印象付けた。ただし、この画期的番組で、1つだけファンが落胆したコーナーがあったという。

「最終日の5日に行われた『もしもの結婚式』ですよ。これは独身貴族を謳歌する稲垣吾郎が挑む『模擬結婚式』。表参道に繰り出して道行く女性をナンパ。予約してあった結婚式場で本物同様の披露宴を執り行うというものでした」(芸能ライター)

 で、首尾よくナンパは成功したが問題はここから。式場に女性の家族や友人知人を“強制”招待したばかりか、稲垣と初対面の中村静香ら芸能人もなぜか列席。“新郎新婦”に挨拶するなど、シュールな時間が流れていたという。

「しかも最後は、結婚式の模様をビデオで上映して終わるという何のオチもないエンディングで幕を閉じました」(前出・芸能ライター)

「72時間テレビ」放送中、SNS上で好意的意見を寄せていたファンからも、この企画については〈ごろちゃんの結婚式見てるとだんだんしんどくなってくる〉〈稲垣吾郎もしもの結婚式 ちょっと見てたけど飽きたのでやめた〉〈もしもの結婚式って結果誰得なの????〉などと疑問の声があがった。さらに視聴者をガッカリさせたのが、この企画を手がけたのが、放送作家の鈴木おさむであるとネットで確定情報のように噂されたことだった。

「『72時間テレビ』の画面上はスタッフロールも含め、鈴木氏の名前はないんですが、この企画のロケ現場近くで鈴木氏の目撃情報が飛び交ったことや、企画の“内輪受け”感が、彼の作風と思われたようです。鈴木氏は森三中の大島美幸の夫であることでも知られていますが、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役社長の小杉理宇造氏が経営する芸能プロ『スマイルカンパニー』専属作家なんです。もっとも、稲垣ら3人の独立のきっかけとなったといわれる元マネジャーI女史とも近い一方、『72時間テレビ』放送前から、この番組の実現に関与したと噂された鈴木氏は、一部メディアに関係を否定してはいます。ですが、ファンとしては疑念が残るのでしょう。裏方の仕事には事務所の壁はないとはいえ、ジャニーズ事務所を覚悟を持って辞め、新天地で頑張る3人の番組に古巣のジャニーズ側の人間がまだ関わっているかもしれないことにファンは動揺を覚えているようです」(前出・芸能ライター)

 地上波でも手掛けた番組に最近低調なものが目立っているとの批判も多い鈴木氏。この疑惑について、改めて対応する必要があるのかもしれない。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント