社会

発症率は同年代の既婚者の倍!40代独身男性にメタボが多い理由と解消法は?

 去る10月に大阪で開かれた日本肥満学会で“40歳代独身男性のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、23%で既婚者の2倍”だと発表された。発表したのは東京慈恵医大の和田高士教授(健康科学)。和田教授のグループは、同大病院で人間ドックを受けた40歳代の男性2113人を対象に、調査を実施した。内訳は既婚者1672人、単身赴任者131人、独身者(離婚も含む)310人。結果は、メタボの人は独身者が23%で、既婚者の11%の約2倍だった。

 さらに独身者は、メタボの診断基準となる腹囲や血中の中性脂肪、血糖値、血圧の平均値がいずれも既婚者より高かったという。和田教授はその大きな理由に食生活の乱れをあげ、かつて日本内科学会総会の講演会でもこう発表している。

「朝食を食べたり食べなかったりという不規則な生活習慣性が、メタボリックシンドロームの発症に影響している。朝食を食べたり食べなかったりする人は、毎日食べる人よりメタボリックシンドロームになるリスクが女性で4倍以上、男性では2倍近く高くなります」

 40代は人生の中でも一番働き盛りで多忙。結果、心身を酷使する。スポーツジムのインストラクターを務める立原健太氏は40代が太りやすくなる理由についてこう話す。

「40代はストレスが多く、それを解消するために暴飲暴食を繰り返します。運動不足になるので消費エネルギーが少なくなり、全身の筋肉が落ちる。そして基礎代謝量が落ち、消費エネルギーはさらに小さくなるんです」

 さらに独身者は食生活をはじめとする生活の管理が杜撰になりがち。健康診断でメタボと診断され、ハードな運動や食事制限を行うが、急激な変化で逆に体調を崩し、結果ダイエットに挫折する。前出・和田教授はこうも付け加える。

「メタボリックシンドロームは生活習慣病ですから、原因としては、生活習慣の乱れが大きい。朝食をとったりとらなかったりというより、不規則な食生活が原因になっています。不思議に思われるでしょうが、朝食をほとんどとらない、つまり生活の乱れがなければメタボ発症に影響を及ぼさないのです」

 朝食抜きに関しては別の問題はあるが、メタボ解消の基本は規則正しい生活、ということのようだ。もっとも、これがいちばん難しいのだが。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
4
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?