女子アナ

高橋真麻の胸が“小さくなった”原因は「胸以外のところ」にあった!

 もはや日本の至宝と言ってもよさそうな高橋真麻のGカップ。だが、さる10月22日にブログで公開した写真では「垂れてきているのではないか」という疑惑が持ち上がったばかり。そして今回、Gカップから縮小したのではないかという疑いが起きている。

 原因は11月13日付のブログに投稿された1枚の写真。この日の衣装を見せるために撮られた上半身の自撮りショットだ。

「彼女はこれまでに何度も同様の写真をアップしています。ですが、それらとは胸の大きさが違っている。小さく見えるんです。Eぐらいに見えますね」(週刊誌記者)

 極上Gカップが小さくなったとは気になるもの。彼女にいったい何が起きたのか?前出の週刊誌記者は「縮小疑惑」について、こう解説する。

「写真をよく見ると、ウエストが太くなっているのがわかります。クビレが目立たなくなっている。そのため、相対的に小さくなったように見えるのでしょう。胸のサイズ自体は変わっていないはずです。彼女は最近14.5kgも太ったことを明かしています。それだけ太ればクビレがなくなりますよ(笑)」

 逆に言えば、クビレさえできれば、ふたたびあのドーンと突き出した胸が戻ってくるということ。豊かな胸を愛するファンは彼女が大食いをやめ、ダイエットしてくれることを願っていることだろう。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
3
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
4
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
5
南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?