芸能

梅宮アンナ「子供がしまむら服ならイジメに遭う」発言に批判殺到

 この人の感覚と、世間との感覚のズレは仕方なくも感じるが、やはりそれは言うべきではなかった。

 梅宮アンナが11月13日放送の生バラエティ番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX系)で放ったお受験事情に関する発言が物議を醸しているようだ。

 番組では「週刊女性」が掲載した「ママタレはお受験で格が上がる」という記事を紹介。記事内容は芸能界でママタレが増えすぎ、飽和状態でママタレとして生き残るためには、子どもを名門校に入れて格を上げることも重要だというもの。

 これについて、自身も10年以上前にお受験を経験しているセレブママの梅宮は、「有名私立校に子どもを受からせようと思ったら、やっぱりいろんなモノを持ってなきゃいけない。お金も、物も、車も」「普通の恰好でもバーキン持ってます、みたいな」と、子供を私立校に合格させるための苦労について語っている。

 しかし、今回問題となったのは、コメンテーターの倉田真由美氏が「しまむらの上下で行ったら(どうなる)?」と、良心的価格で庶民に愛される衣料品チェーンストア名を出して、質問すると梅宮は「しまむらさんで行ったら、ちょっと…イジメられるかもしれない」と、笑いながら、しまむらに対して失礼過ぎる発言を披露したこと。まさにドラマでもよく見られるセレブママ同士のマウンティングで、セレブママにしかわからぬ事情だけに、梅宮はそれを丁寧に解説しただけとは思うが、しまむらの衣服を愛用する人の立場からすれば、いい気持ちがしないことは言うまでもない。

ネット上では「しまむら、バリバリ着てますけど、何か?」「これが本当ならセレブママ嫌いだわ」「子どものためじゃなく、自分の自己満のくせにムカつくわ」「やっぱりこの人嫌いだな」と批判が殺到している。

「5月に放送された同番組でも『足立区と港区 住むならどっちが幸せか?』というテーマでトークした際、一般的に庶民的イメージが強い足立区とセレブなイメージが強い港区だとどちらに住むのが満足度が高いかという見方だったはずが、渋谷区松濤出身の梅宮は『港区も私から言わせると…田舎!? 田舎を感じて(住むのを)やめました』と、港区を田舎扱い。さらに倉田氏が以前住んでいたという練馬区を『地方』扱いし、批判が殺到してましたね。この感性なら今回のしまむらに関する発言もギャグではなく案外ガチのようにも感じますよね」(エンタメ誌ライター)

 もちろん制作サイドからすれば、梅宮には、こうした発言を期待されているのだろう。だが、さすがにしまむらを名指ししてマイナス発言は番組レギュラーという立場を考えるといただけないところもある。もう少しバランス感覚を磨いていただきたいものだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”