芸能

滝沢カレン、嵐の相葉を「バカ」呼ばわりでも称賛される“あだ名命名”テク

 11月12日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)のゲストに、ハーフモデルでタレントの滝沢カレンが登場。お得意の“オリジナル四字熟語”で嵐のメンバーをぶった切った。

「まず滝沢は、進行役の櫻井翔に、初めて共演した松本潤と大野智の印象について聞かれると、松本について『やっぱりこういう感じなんで、すごいオーラと言うか威圧って言うのか。迫力があります。 芸能人っていう』と即答しました。『威圧』という言葉を松本が否定すると、言い過ぎたと感じたのか、滝沢はリーダーの大野を『いい意味で素朴感というか…。どこにでも何かあの、こうやっていれるような』と続けた後、『素晴らしい人材』と持ち上げたんです。落として上げるところに、なかなかの手練れぶりを感じましたね」(テレビ誌記者)

 その後、ゲーム好きで家にこもりがちなことから、「趣味在宅」というあだ名を、すでに自身の冠番組「ニノさん」(日テレ系)でつけられた二宮が、滝沢に残りのメンバーにもあだ名をつけることをリクエスト。すると滝沢は櫻井に「服装迷走」、相葉雅紀に「馬鹿脱皮」、大野に「海釣地蔵」と命名したのだ。

「事前に相手のことを下調べしてきたんだと思います。迷彩好きで私服がダサいともっぱらの櫻井、嵐一のおバカキャラの相葉、海釣りにドハマリしている大野にはピッタリのネーミングですね」(嵐ウオッチャー)

 女性芸能人のジャニーズいじりのような言動には批判が飛び交いがちな、ネット上でも、滝沢のあだ名は的確でセンスがある命名だと絶賛された。特にバカ受けしたのが、松本潤のあだ名。

「滝沢は、『俺松本潤』と命名。その際『超実感。それ以外ない』と説明していました。オレ様キャラが鼻につく松本ならではの命名と称賛されていましたよ。かつて中居正広を『支配抜群』、堂本光一を『感情不明』と名付けていましたが、かわいい顔して、悪びれないキャラで、つけられたジャニタレたちもやけに鼻の下をのばしまくっていた」(芸能ライター)

 毒があるようで、ないところが、滝沢の持ち味らしい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!