芸能

甦る「アイドルグループ」黄金伝説(3)<総リサーチ>あの人気メンバーは今どこに?

 うら若き乙女が同じグループであり続けることは、ほぼ不可能。大輪の花を咲かせ、はかなく散ってしまった花びらたちは今、どうしているのか?

 来年のデビュー30周年で「22年ぶり再結成か?」と報じられたのがWinkだ。89年には「淋しい熱帯魚」で平成初の日本レコード大賞にも輝いたほどのスーパーアイドルだった。

 現在、厳密には2人は解散ではなく、活動停止という状態だが、どうやら見通しは厳しい。

「相田翔子(47)はテレビで活躍しているが、鈴木早智子(48)は09年のAIV出演、10年の不倫騒動からほとんど活動していない状態。今年はファンとの交流パーティーと、地方局のドラマに出たのみ。Winkとして復活できるか、見通しは立っておりません」(音楽プロモーター)

 70年代を代表するのは、全員がハーフというふれこみの「ゴールデン・ハーフ」だ。実際にはリーダーの小林ユミ(67)は純然たる日本人だったが、バラエティ番組でも人気を誇った。

 1番人気のエバ(63)は、解散後もソロで活躍したが、引退後は母親と埼玉県内でスナックを経営。一時、復帰説も出たが、現在のところその気配はない。ルナは日活ロマンポルノの主演で騒然とさせたが、04年にガンのため51歳の若さで世を去った。

 父親がFBI捜査官だったマリア(62)は、解散後に「Gメン’75」(TBS系)の女刑事役を射止めるなど、女優として活躍。それでも90年代には結婚して家庭に入っている。

 セイントフォーと破格の売り出し予算を争った「少女隊」は、昨年もベスト盤がオリコンチャートに入るなど、解散後も根強い人気を誇っている。

 レイコこと安原麗子(48)は現在、声優として息長く活動中だ。ミホこと藍田美豊(48)は結婚し、3児の母となった。

 初代・引田天功の娘だったトモこと引田智子(45)は、都内で化粧品会社の社長に。そのトモと入れ代わりに、椎間板ヘルニアの悪化で少女隊を早期に脱退したチーコこと市川三恵子(47)は、夫婦で理容室を営み、15年には明石家さんま司会の番組で紹介された。

 強烈なインパクトを残したのは、双子の「リンリン・ランラン」だろう。香港出身で、74年のデビュー曲「恋のインディアン人形」はスマッシュヒットを記録。萩本欽一司会の「スター誕生!」(日本テレビ系)でもアシスタントを務め、欽ちゃんファミリーの一員でもあったが、引退後の現在はともにアメリカに在住している。

 翌75年にデビューした国産の双子姉妹は「ザ・リリーズ」である。渡辺プロの大先輩であるザ・ピーナッツの引退と入れ代わるように登場。

「夕張出身の私たちは、大都会でどう過ごしていいかいつも戸惑っていました。2人だけでいつも部屋にこもっていました」

 燕奈緒美(56)・真由美(56)の姉妹は、そう声をそろえた。ザ・ピーナッツほど大成することはなかったが、名曲「好きよキャプテン」を筆頭に、活動再開後の現在も息の合ったハーモニーを響かせている。

 波乱万丈といえば、やはり欽ちゃんファミリーの一員だった「わらべ」は別格だろう。視聴率40%を超す「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日系)から派生したグループで、のぞみ・かなえ・たまえの三つ子姉妹という設定。

 長女のぞみ役の高部知子(50)が、15歳でベッドでの喫煙写真が掲載され「ニャンニャン事件」として大騒動に。ファミリーからも追放という形になったが、現在は精神保健福祉士として全国を飛び回る活躍を見せている。

 次女かなえ役の倉沢淳美(50)はオーストラリア人と結婚し、現在はドバイに住むセレブ妻として、たびたび現地からテレビ出演。三女たまえ役の高橋真美(50)は現在も独身で、通販番組を中心に地道な活動を続けている。

 おニャン子クラブの夢をもう一度、とフジテレビが送り込んだのは「CoCo」である。当初のメインだった瀬能あづさ(44)は早期に脱退して、以降は4人体制で活動を続けた。

 三浦理恵子(44)は「特命係長只野仁」(テレ朝系)など、コケティッシュな女優として活躍。宮前真樹(44)はタレント活動と並行して、料理研究家としても知られている。

 羽田恵理香(44)は現在「はねだえりか」に改名しているが、シングルマザーとして4歳の子育てに奮闘中。大野幹代(43)はメンバーで唯一のヘアヌードも発表したが、02年に当時の所属事務所の社長と結婚し、翌年の出産とともに引退した。

 最後は、デビュー20周年を迎えた「モーニング娘。」である。メンバーチェンジを重ねながら現在もグループは存続しているが、第1期メンバーだった5人が久々に集結。現メンバーとともに、正式デビューのきっかけとなった「愛の種」をリメイクしている。

 特筆すべきは、最も早く脱退した福田明日香(32)の18年ぶりの古巣復帰だろう。15年に結婚し、翌年には女児を出産したが、その直後にスピード離婚。今後の人生はどう展開していくのだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!