芸能

M-1王者・とろサーモン、翌日から超多忙で「睡眠漫才」披露の仰天素顔!

 12月3日に開催・放送された「第13回M-1グランプリ」(テレビ朝日系)で栄えある優勝を勝ち取ったのは、苦節15年のとろサーモンだった。

「優勝後は、多くの芸人から祝福の声が挙がりました。翌日に生出演した『スッキリ』(日本テレビ系)では、極楽とんぼの加藤浩次から『年末年始忙しくなる。ネタ番組やドッキリにもかかる』と、彼らの多忙ぶりを予想。さらに千鳥のノブはTwitterで『面白い人はいつか必ず売れる』とつぶやいていました。ほかにも、麒麟の川島明やトータルテンボス・大村からも彼らを祝う声が届いています」(芸能ライター)

 頂点を極めた2人だが、一夜明けた4日から「めざましテレビ」(フジテレビ系)「スッキリ」(日本テレビ系)「ノンストップ!」(フジテレビ系)「PON!」(日本テレビ系)とフジと日テレを2往復するという猛烈な仕事ぶり。その中で驚くべき姿が見られたそうで……。

「『PON!』の中では、昨夜ともに戦ったカミナリ(結果は9位)や、ハライチ(同11位)の澤部佑といったレギュラー出演者の前で、ファイナルラウンドで笑いをさらったネタを披露していたのですが、ボケの久保田がおそらく一睡もしていなかったのか、途中から目を閉じたまま漫才をし始めたのです。それはもはや寝ているような状態で、いわば“睡眠漫才”のようでした。それでも流ちょうにしゃべっていましたね」(前出・芸能ライター)

 さらにこの久保田は、かなりのネガティブ思考のようで…。

「同志に優勝を祝われても、『長いこと仕事してたら分かるでしょ、このフォルムじゃ仕事来ない』と自分のルックスについて自虐発言。さらにようやくつかんだM-1ドリームにも、『この夢はいつかは醒める』と吐き捨てていました。決勝に勝ち上がれなかった澤部は、『せっかく優勝したのに……一番ネガティブ』と笑っていました」

 ネガティブを競う「N-1グランプリ」があればおそらく優勝するかもしれない。今後が大いに楽しみだ。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!