スポーツ

貴乃花親方、日馬富士暴行騒動での「不可解言動」の“黒幕”は景子夫人!?

 暴力事件の張本人である元横綱・日馬富士が引退を表明したものの、いまだ収束の糸口が見えない角界の暴行騒動。発生から1カ月以上が経過したものの、暴行を受けた貴ノ岩の師匠・貴乃花親方は日本相撲協会への調査協力を拒否し、被害者である貴ノ岩本人も姿を現さず、事件の真相は謎に包まれたままだ。

 様々な憶測が飛び交い、日本相撲協会に対する貴乃花親方の“クーデター説”まで囁かれる中、ここにきて、騒動の“キーパーソン”として脚光を浴びる人物がいる。

「今、貴乃花部屋のおかみさん、花田景子さんの動向に注目が集まっているんですよ」と語るのは同騒動を取材する記者である。景子氏といえば、夫の貴乃花親方より8歳年上で、元フジテレビの人気アナウンサーだが、「貴乃花部屋のおかみさんとなった後も、彼女は講演会で全国を巡り旺盛に活動を続けています。12月2日に宮崎県で行われた講演では、『あるべき横綱の姿』について語るなど、今回の騒動に関してかなり踏み込んだ発言をしているんです」(騒動を取材する記者)

 そんな景子氏について「事実だとしたら衝撃的な噂が囁かれているんです」と同記者。

 おかみさん・花田景子氏の“衝撃的な噂”とは──。

「実は貴乃花親方の日本相撲協会への頑なな姿勢は、景子さんの“受け売り”ではないのかという噂です。景子さんと旧知のテレビ業界の人間が、たびたび彼女と話す機会があるらしいのですが、そこで聞く話の中身が『貴乃花親方より貴乃花親方っぽい』。講演会でも『若い力士の育て方』や『相撲道と日本の心』など、親方本人のテーマを彼女が詳しく話しているんです。それは、貴乃花親方に感化されたというよりも、むしろ、景子夫人が自分の思想を語っているかのようだったそうです。ある意味、黒幕的な役割を果たしているんじゃないでしょうか」(前出・騒動を取材する記者)

 おかみさん・花田景子氏に囁かれる“黒幕”説。確かに、貴乃花親方にして頭の上がらない存在であることは間違いないが…。

(白川健一)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱