芸能

ゆりやん、女芸人No.1決定戦優勝で疑われた“出来レース”の「4つの証拠」

 12月11日に開催された「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)にて、芸歴4年のピン芸人・ゆりやんレトリィバァが優勝を果たした。5組で争った最終決戦では過半数の201票を獲得する圧勝だったが、この結果に視聴者からは不満の声が続出しているという。

「この優勝に対しては『出来レースだ!』との批判が殺到。何しろ“出来レース”が検索された回数が、“ゆりやんレトリィバァ”の3割にも及んでいたほどで、ネット上に“出来レース”の文字が躍っていたのです。他にも『ゆりやんのどこが面白いのか教えてほしい』とか『つまらなすぎて放送事故レベル』といった疑問の声も次々と寄せられる始末。それに番組の演出からして最初からゆりやんを勝たせるつもりだったのではとも指摘されています」(お笑い系ライター)

 今回は全10組が出場する中、ゆりやんだけは番組側が大掛かりなセットを用意。漫才とコントの差はあれど、優遇されている感はぬぐえなかったようだ。またネタ披露の際にはコメディ番組さながらのカン高い笑い声がかぶせられていたが、ゆりやんの時は特にボリュームが大きく、笑いのポイントとは思えない箇所でも「キャハハー!」との声が入っていたのである。

「極めつきは芸人紹介のVTRです。ゆりやんの時は吉本の先輩であるレイザーラモンRGが『ゆりやんがバケモノであることは事実。トークでも笑い取るし、ゼロからイチを生み出すこともできる。毎日燃えたぎっているマグマのような子』と、聞くほうが恥ずかしくなるほどベタ褒め。ナレーションでも『これまでビッグタイトルには縁がなかった』と、さも今回が大チャンスだとアオる始末です。そして本人は『ネタやって1位取る女芸人にならな意味ないやん』と語っていましたが、その言葉に多くの視聴者が『そもそも大したネタないでしょ?』とアキレていたでしょうね」(前出・お笑い系ライター)

 一つ目のネタでは最後に「なんじゃこりゃ」とオチを付けていたゆりやん。しかし今回の結果には視聴者のほうこそ「なんじゃこりゃ」とズッコけていたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
3
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”