芸能

ゆりやん、女芸人No.1決定戦優勝で疑われた“出来レース”の「4つの証拠」

 12月11日に開催された「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)にて、芸歴4年のピン芸人・ゆりやんレトリィバァが優勝を果たした。5組で争った最終決戦では過半数の201票を獲得する圧勝だったが、この結果に視聴者からは不満の声が続出しているという。

「この優勝に対しては『出来レースだ!』との批判が殺到。何しろ“出来レース”が検索された回数が、“ゆりやんレトリィバァ”の3割にも及んでいたほどで、ネット上に“出来レース”の文字が躍っていたのです。他にも『ゆりやんのどこが面白いのか教えてほしい』とか『つまらなすぎて放送事故レベル』といった疑問の声も次々と寄せられる始末。それに番組の演出からして最初からゆりやんを勝たせるつもりだったのではとも指摘されています」(お笑い系ライター)

 今回は全10組が出場する中、ゆりやんだけは番組側が大掛かりなセットを用意。漫才とコントの差はあれど、優遇されている感はぬぐえなかったようだ。またネタ披露の際にはコメディ番組さながらのカン高い笑い声がかぶせられていたが、ゆりやんの時は特にボリュームが大きく、笑いのポイントとは思えない箇所でも「キャハハー!」との声が入っていたのである。

「極めつきは芸人紹介のVTRです。ゆりやんの時は吉本の先輩であるレイザーラモンRGが『ゆりやんがバケモノであることは事実。トークでも笑い取るし、ゼロからイチを生み出すこともできる。毎日燃えたぎっているマグマのような子』と、聞くほうが恥ずかしくなるほどベタ褒め。ナレーションでも『これまでビッグタイトルには縁がなかった』と、さも今回が大チャンスだとアオる始末です。そして本人は『ネタやって1位取る女芸人にならな意味ないやん』と語っていましたが、その言葉に多くの視聴者が『そもそも大したネタないでしょ?』とアキレていたでしょうね」(前出・お笑い系ライター)

 一つ目のネタでは最後に「なんじゃこりゃ」とオチを付けていたゆりやん。しかし今回の結果には視聴者のほうこそ「なんじゃこりゃ」とズッコけていたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴