芸能

乃木坂46能條愛未、約4年半「口をきかなかった」メンバーを告白で騒然!

 意外すぎる…ファンも絶句したメンバー同士の関係性が明らかとなった。

 乃木坂46の1期生メンバーである能條愛未が「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~近畿・四国シリーズ~」の兵庫公演で衝撃の事実を告白し、ファンを驚かせた。それは2期生で加入し、現在のアンダー(非選抜)のエースといっていい、後輩の寺田蘭世との関係性についての告白であり、昨年12月15日のことだ。

「実は今年初めて蘭世としゃべった」(能條)

 2期生が加入して約4年半になるものの、今年に入って初めて話すことができたというのだ。この告白には会場のファンからも「えええ~」という声がいたるところから上がるなど、ファンも大いに驚いていた。

「過去には乃木坂加入後、活動を休止していた秋元真夏が復帰後早々に選抜入りし、自身のポジションを取られたような形になってしまった西野七瀬と気まずい関係になり、約1年間話さなかったことがある。これは有名な話ですが、それをさらに上回る4年半というのはビックリですね。というのも、かつて乃木坂の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で寺田は、1カ月で苦手な自転車を乗れるようになると宣言して、その成果発表の場でスタジオと寺田がいる現場で中継を結んでいたんですが、寺田の挑戦を現地で見守るレポーター役は能條1人。その時もそんなふうには見えなかっただけになおさらファンは驚いていたようですね。ただ、寺田は現場でのチャレンジ直前に『初めて胃が痛い』と話していましたから、チャレンジの緊張に加え、能條との関係性もあってのコメントだったのかもしれません」(アイドル誌ライター)

 やはり、大所帯のグループということを考えれば、不仲の組み合わせがあるのも当然か? と思ってしまうが、こちらの2人は特に不仲というわけではなさそうだ。

「ちなみに能條が、2014年2月に乃木坂兼任が発表され15年3月までグループに所属していた元SKE48の松井玲奈とも初めてしっかり話すことができたのは、14年の9月上旬に行われたミュージックビデオ撮影中だったとか。その時は能條から勇気を出して話しかけたと語っていましたから、後輩うんぬんではなく、性格的に人見知りなところがあるようです。また、能條自身も認めているようですが、無意識に寄せ付けないオーラが出てしまっていることがあるようですから、寺田も話すタイミングを逃していたのかもしれませんね。だから特段仲が悪いというわけでもないでしょう」(アイドル誌ライター)

 何でも、能條は昨年夏に加入した3期生メンバーの大半ともそれほどおしゃべりできていないというのが現状のようなので、今年からは後輩とのコミュニケーションがうまく取れることを願っている。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは