社会

佳子さま 留学前のフレンドリー肉声を独占入手

「美しすぎるプリンセス」として注目を集める秋篠宮ご夫妻の次女で、ICU(国際基督教大学)3年の佳子さま(22)は、17年9月中旬から英国中部にある伝統校・リーズ大学に短期留学している。

「ICUの交換留学のプログラムを活用して、舞台芸術や心理学など幅広い分野を学ばれています。海外留学はこれまでにご経験はなく、滞在中は大学の敷地内の学生寮で共同生活を送られています」(皇室ジャーナリスト)

 18年6月まで留学予定で、帰国後はご結婚されて皇籍を離れる長女の眞子さま(26)が担当されていた公務を引き継ぐことが予想される。それだけに、今は海外生活を満喫されているようだ。

「日本のマスコミが佳子さまに直撃取材をしようとしたことがあって、それ以降、宮内庁側から情報を流さなくなりました。それでも構内で日本人の男子学生と楽しそうにお話しされていたり、大学近くのショッピング街を歩いている姿が目撃されています。パーティーなど明るい場も好きなようですね」(前出・皇室ジャーナリスト)

 15年1月2日の一般参賀に、成人になられて初めて出席されてから、全国の行く先々でフィーバーを巻き起こし、新たな皇室ファンを増やしてきた佳子さま。その美貌にハートを胸キュンされてしまったのは、仕事で携わった官僚も例外ではなかった。独占入手した留学前の「フレンドリー肉声」を明かそう。

「17年夏頃、東京オリンピックの件でご進講させていただくため、数名のスポーツ庁職員が秋篠宮邸を訪れました。紀子さまに出迎えていただき、眞子さまはご不在だったのですが、佳子さまと長男・悠仁さま(11)がいらっしゃいました。紀子さまにテキパキと手際よく取りしきっていただく中、佳子さまは気さくな方で、話を聞きながら合いの手を入れる時は、『知っているかも~』とか、『そうかも~』と語尾に『かも』をつけられるので、とてもフレンドリーな印象でした。それもあって、話の流れで職員が『今度飲みにでも──』と冗談半分でお誘いした時は、『いいかも~☆』と言ってくださったそうです」(スポーツ庁職員)

 ちなみに、庭にはカピバラらしき動物が数匹ピョンピョン跳ねており、不思議な光景だったという。

 キュートなスマイルで誰にでも気さくに接してくれるのだから、メロメロになるのもしかたなさそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣