芸能

平成30年分!美女たちの「たわわなバスト」全史(5)<Iカップ対談>」柳瀬早紀&天木じゅん

 そして平成30年の今、グラビア界を代表する両横綱が、100センチIカップの柳瀬早紀(29)と、95センチIカップの天木じゅん(22)だ。肉弾相打つトークバトルの行方や、いかに?

──グラビアデビューしたのは?

柳瀬 14年の夏です。

天木 私もだいたい同じくらいかな。

──しかもIカップというサイズも一緒。

天木 いや、でも、やなパイちゃんは本当にデカい。後ろから見ても、胸が横にハミ出ている!

柳瀬 私、肩幅よりもチチ幅が大きいんで(笑)。私は横に張り出すタイプだけど、じゅんちゃんはタテというか、前にドーンと突き出るタイプのおっぱい。

天木 同じカップ数でも違いがいろいろ楽しめるんですよ(笑)。

──さて、今回は「巨乳30年」をテーマにしているけど、衝撃を受けたショットってある?

天木 私は武田久美子さんの貝殻ブラですね。

──ああ、あの革命的な。

天木 ブラもそうなんですけど、今はあまり見なくなった超ハイレグもスゴかったです。

柳瀬 私は事務所の先輩でもある川村ゆきえさん。私の場合はニコニコしている写真が多いけど、ゆっきー先輩は、しっとりとオトナっぽい表情で「ザ・グラビア!」っていう感じを出せた。さすが、一時代を築いた人だと思います。

天木 あと、篠崎愛ちゃんにも衝撃を受けた。ずっとかわいくて、しかもブレずに安定したグラマーボディで、殿堂入りみたいな感じがしますね。

──おふたりだって殿堂入りは射程圏内だよ。なんといっても「やなパイ」や「乳神様」。その一方で「天乳」や「2次元ボディ」と、強い愛称があるのがその証拠。

柳瀬 確かに「柳瀬早紀」と呼ばれるより「やなパイ」と呼んでもらったほうが、周りの人もわかるみたいです(笑)。

──それぞれのIカップの誕生秘話を聞きましょう。

天木 私はグループでライブ活動をしていた頃は、どんなに食べても痩せていたんです。それをやめてからは、ストレスで太ったり痩せたりだったのが、だんだんと「痩せても胸は落ちずにIカップ」が完成しました。

──おお、すばらしい。

柳瀬 私は小学校から高校までバスケットをやっていたんです。

──ええ、意外! というか、バスケットボールが体の中にも(笑)。

柳瀬 はい、ボールを手にすると3つ持ってます、みたいな(笑)。バスケやっている時はEカップだったのが、そこからドーンと大きくなりました。

──2人とも次々とDVDが出ているけど、最近は「揺らし系」の映像が多いから、ハプニングは付きもの?

柳瀬 撮影でビーチ・フラッグスとか縄跳びとかあると、だいたいポロリします。飛び出ると「こんにちは」くらいの感覚で、動揺しなくなりました(笑)。

天木 でも、ブラの内側に両面テープを貼るのはイヤだよね。どうしても肌が荒れちゃうから。それもあって、ポロリがイヤだって概念はありません。

──まあ、編集ではもちろんカットされるだろうから。さて巨乳30年史のホットなニュースといえば、真上に掲載した「童貞を殺すセーター」の大反響だね。

柳瀬 じゅんちゃんはSNSの使い方がすごくうまい。このセーターも、じゅんちゃんのツイッター見て「こんなのあるんだ」と知ったくらい。

天木 ものすごくアクセスが増えて、そしたら叶姉妹さんが「あれの元祖は私たちです」ってコメントされていました(笑)。

──平成30年はまだ始まったばかり。さらにディープなインパクトを期待!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?