芸能

ビートたけしの名言集「早いとこ焼酎飲まないとまずいからよ」

「おい、ちゃんとウケてたか?」

 1月15日、中野サンプラザで行われた「ビートたけし“ほぼ”単独ライブ第五弾」をやり終えた殿は、ライブ後の恒例になりつつある“確認作業”を周りにしてきたのです。

 毎回、圧倒的放送禁止の内容であるため、口外禁止の殿のライブですが、書ける範囲で書くと、まず今回の殿は“何かと話題の行事”の格好でご登場。そこから、ヅラネタ…等々のオンパレードで、ライブの最後に開催した「新春・ビートたけしからのお年玉“豪華賞品”大抽選大会」では、会場のお客様の席番号が入っているはずの、バカでかい箱の中に手を入れ、みずから抽選をするも、出てくる札には、「はれのひ」だの「安倍晋三」だの「てるみくらぶ」だのと、会場に来てるはずもない名前を引いてはボケまくり、結局、何ひとつお年玉を贈呈しないやり方で、会場をドッと沸かせていました。

 時間にして1時間40分。とにかく終始、“くだらね~な”的世界観でやりきった殿は、楽屋へ戻ると、続々と挨拶に訪れる、来場された役者さん、タレント、テレビ業界関係者等々に、「どう? 最低だったでしょ?」と照れながら感想を求め、頼まれるままにサインや写真に応じ終えると、

「打ち上げにはもう行けるのか? とりあえず、早いとこ焼酎飲まないとまずいからよ」

 と、何が「まずい」のかよくわからない、大きな独り言を漏らしたのです。で、車で3分となる打ち上げ会場への移動車中でもやはり、

「おい、ほんとに客、沸いてたか?」

「ほんとに1時間半もやったか? 30分くらいしかやってねー感じだったけどな」

 等々、矢継ぎ早に、“この日の出来”について、再度確認を求めてきたのです。

 で、打ち上げ会場の席に着くと、

「お前、こっち座れよ。今日はお前も主役なんだから」

 と、ラッキーなことに、ライブの構成と出演をさせていただいているわたくしに、まずは軽く気配りを見せると、

「料理はいいから、とりあえず焼酎だけ早めに頼むな」

 と、せっかちにアルコールを求め、5分程して、みんなに飲み物が行き渡ると、「まっ、とりあえずは成功ってことで、乾杯!」と音頭を取り、すぐさまかなり濃いめの焼酎水割りを、一気にグラス半分ほど飲み干したのです。そして、出てくる料理にはほとんど手をつけず、グイグイと水割りを早いペースでおかわりした殿は、

「あれだな。ライブはよ、内容がどうとかなんて一切関係なくて、目の前の客をどれだけ笑かしたかだけだな。とにかく、とことんくだらないことだけやって、最低のライブをやって、じゃんじゃん笑かすだけだな」

 と、改めて“オイラの好みは昔から変わらない”宣言をする、“3日後には71歳になる”少し高揚した殿なのでした。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
2
蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」
3
どっちなの!?浜崎あゆみ、夜の公園に登場も「チグハグな姿」に総ツッコミ
4
「肌着ライン透け」疑惑まで!吉岡里帆のゾンビムービーがかわいすぎるッ
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!