芸能

吉高由里子が告白したプール内「下半身全脱げ」事件にファンが超興奮!

 これぐらいのアクシデントでは動じない!?

 吉高由里子が1月22日放送の情報番組「PON!」(日本テレビ系)に、VTR出演。自身にまつわるエピソードで刺激的な裏情報を求められ、家族旅行で訪れたプールで起きた“悲喜劇”を明かしている。

 吉高は子どもたちと流れるプールで遊んでいたというが、遊びに夢中だったせいか、人気女優としては完全NGな失態を犯してしまったようだ。吉高は「流れるプールで『わあ~』って流れてたら、自分のここ(腰の辺りを指差し)も流れ…。水着が流れて(下がって)いたんです。このへん(ひざ辺り)まで」と、水着のボトムスがずり下がっていたというのだ。しかし、下腹部が全出しになっているにもかかわらず、吉高は「おっ…って思って、よいしょってやって(水着を腰まで上げる動作)…」と、特に動揺せず水着をはき直したと振り返った。

 その理由について吉高は「流れるプールでもぐっている人いないかなって思って」と説明。また、インタビュアーのお笑いコンビ・カミナリの石田たくみが「どうします? この人(相方の竹内まなぶ)が潜っていたら?」と訊ねられても、「こっちが失礼なことをしちゃってると思って」と、仮に大事な部分を見ている人がいても自分に過失があると話していた。

「自身がブレイクするきっかけとなった映画『蛇にピアス』でバストトップの公開シーンを経験ずみの吉高ですから並大抵のことでは動揺しないでしょう。また、風変りな性格の吉高ですから、水着が下がってきても、しれっとボトムスを上げている姿が何となく想像がつきますね。このエピソードを聞いた竹内は『僕も流れるプール行ってみたいですね、今年の夏は!』と、胸をときめかせていたが、それが普通の男性の素直なリアクションでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からも「オレは流れるプールでもバリバリ潜るよ」「ぜひ、その場にいたかった」「吉高のそういうところがそそるんだよな」といった声が上がるなど、勝手に盛り上がっているようだ。吉高も潜っている人はいないと思ったと話していたが、もしも吉高だと認識して“その瞬間”を見ることができていた人がいたら、その人の脳裏には一生その光景が焼き付くことだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!