芸能

まさかの“結婚”勧められた!?嵐・二宮和也とヒロミの良すぎる相性ヒストリー

 1月21日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)で、嵐・二宮和也がヒロミとの結婚を勧められ、困惑する一幕があった。“毒舌占い師”として名高い魚ちゃんが出演。

「彼女はいいことも悪いこともオブラートに包むことなく、すべて吐き出し、忖度まるでなしの女占い師です。二宮とはバラエティ番組で何度も共演経験があり、その都度キツイご宣託を突きつけてきました。今回も二宮を『冷たい男』呼ばわりし、『自分が興味があることしか興味がない』とバッサリ。『バラエティ(番組)、あんまり好きじゃない』から、『やる気がない』とまで言ってのけてました。あげく『バラエティー向きの大野智に(番組を)渡すべき』と進言。二宮は想像を超えた言われようにアタフタ。苦笑するしか手はなかったようです」(芸能ライター)

 その後、番組にゲスト出演していたヒロミを引っ張り出し、二宮と「めちゃくちゃ相性がいい」から「結婚した方がいい」と“激推し”する大暴走を繰り広げたのであった。ところが、ヒロミはここで、「オレは、(二宮が)子供の時にね、こいつはねオレは合うなと思ってた」と話を盛り上げにかかった。

「魚ちゃんから結婚の2文字を聞いても、『ほら』と納得してましたからね。一方の二宮は『そんなぁ!?』とオタオタしまくり。まあ、結婚というのは、同性婚ではなく、仕事上のコンビ的な表現じゃないかとは思いますが。嵐ではツッコミ担当の二宮だが、ベテランのヒロミの前では赤子も同然で、結婚というのも、ヒロミからのフリへのボケっぷりがこの先いい味を出すと言いたかったのかもしれませんね」(ネットライター)

 実はかつて、ヒロミとジャニーズJr.時代の嵐メンバーは、1999年まで放送されていた「8時だJ」(テレビ朝日系)で共演。ヒロミは、相葉雅紀を「スーパーアイドル相葉ちゃん」と呼んでかわいがり、「頭のいい子」だった櫻井翔に一目置き、松本潤を「かっこつけ屋」と評した。そんな中、意外な大物ぶりに舌を巻いたのが二宮。「休みの日、ボーっとしてたら、夕方になった」というのを聞いて「こいつすげえな」と舌を巻いたという。視聴率がかんばしくない「ニノさん」。ヒロミとのコンビ誕生で起死回生を狙う作戦があるかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…