芸能

ベッキー、「くノ一」役で時代劇初主演もいまだ忍び寄る「ゲス不貞」批判!

 1月29日、4月スタートの時代劇「くノ一忍法帖 蛍火」(BSジャパン)で、タレントのベッキーが主演を務めることがわかった。ベッキーの連ドラ主演は12年ぶりで、時代劇は初挑戦となる。

 1969年に発表された山田風太郎による時代小説「忍法双頭の鷲」を原作としたこのドラマ。“青い眼のくノ一”“惜し気もなくあらわになる美脚”“女の魅力を活かしたくノ一忍術”などが見どころとなる型破りな時代劇となりそうだ。

 ベッキーがどんな演技を見せるのかが注目だが、世間の反応はいまだに冷たい。

「ネット上では、ちょうど2年前に発覚した『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不貞を今なお批判する書き込みが見られます。常に元気で誠実なイメージで人気だったのに、裏では不遜で不誠実、そして何より、記者会見でウソをついたことに対する怒りの気持ちが強いようですね。『世間の皆様が忘れたとでも?』『やはり地上波では需要がないんだね』『炎上狙いで“蛍火”としたなら成功だな』など批判的なコメントばかりです」(芸能ライター)

 果たしてどんなくノ一を見せてくれるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」