芸能

西川史子、キョンキョン批判に「お前が言うな」「よく言った」賛否の嵐!

 今、西川史子のある発言を巡って意見が真っ二つに分かれているという。彼女に何が起きているのか。

「先日、大手芸能事務所の円満退社とともに、妻子ある俳優・豊原功補との3年におよぶ不貞を公表した小泉今日子に噛みついたんですよ。西川は2月4日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)の中で、小泉をかばう意見の中に『不貞はダメだけど潔い』という声に対し、『本当に潔いと思っているのか』と疑問を呈し、さらには小泉の公表に『キョンキョンらしい』という声も起きていることに対し、『彼女らしいってどういうこと?すごい好きという気持ちはわかるけど順序が違う』『非常識』などと思いをぶつけたのです。ちなみにこの番組で、小泉擁護派が多い中、完全に反対派だったのは西川だけでした」(芸能ライター)

 まさに孤軍奮闘の西川だったが、これに対しSNS上では〈よく言った。もっと言ってやれ!〉〈芸能界にもそう言う人がいて良かった〉と賛同し、彼女をたたえる者もいれば、〈お前が言うな。中年女の卑しい嫉妬じゃないか〉などとやり込める者も登場。SNS上でも、2つの反対派・賛成派が批判しあう場外乱闘が起きているのだ。

「さらにはそんな勇気ある批判をした西川に『干されないか心配』という声まで起きているほど。まあ、本職は医師なので、そういう圧力が及ぶことは考えられませんが…。今回の件は、もともと小泉が所属していた事務所(バーニングプロダクション)から考えると、マスコミもあまり積極的に報道しようとは思わないのでは?と思われていましたが、一説には事務所とも対立していたとの話もあり、小泉へのバッシングが強まることも考えられます。不貞をわざわざ公表するという小泉の前代未聞のふるまいへの世間の評価は、今後も予断を許さない状況ですね」(前出・芸能ライター)

 ちなみに小泉は、あるドラマの先行試写会後のフォトセッションの際、デジタルカメラを持参したマスコミ関係者の呼びかけにはまったく目線もくれなかったことだけは記しておこう。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
2
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
3
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
4
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ