エンタメ

藤井聡太五段「羽生永世七冠」打倒へのV秘策(3)史上初の「中学生六段」へ

 実はこれまで両者は非公式戦ながら2度対局して結果は1勝1敗。初顔合わせとなったネット番組の企画では、先手を取った藤井五段が序盤から攻め続け、羽生竜王が持ち時間を使い切ったところで戦局はさらに有利に傾く。結果、111手で羽生竜王を投了に追い込んだ。

「個人的には、秘策がなくても藤井五段が勝つかもしれないぞと思っています。それが早指し戦です」(椎名氏)

 この戦いに藤井五段が勝ち、同日に行われる決勝を制すれば、「ひふみん」こと加藤一二三氏(78)が1955年に樹立した、最年少一般棋戦優勝記録(15歳10カ月)を塗り替え、同時に六段への昇段が決まる。藤井五段にとって羽生戦は、史上初の「中学生六段」へと続く大一番となるのだ。

「どちらが勝っても、今後の将棋界を占ううえでたいへん意義深い歴史的な対局になるのは間違いありません」(松本氏)

 世代交代をかけた2人の戦いはこれからも続く。

「今後、持ち時間が5時間、6時間の対局を重ね、星の偏りがどうなっていくかが楽しみです。将棋というのは、100局指して強さを計る世界です。例えば、羽生竜王が55勝45敗で勝ち越すのか。それとも逆になるのか。その記念すべき最初の一局ということです」(前出・椎名氏)

 さて、藤井五段の名勝負で注目を集めるのが「将棋メシ」だ。昨年6月、歴代新記録となる公式戦29連勝を飾った際に「豚キムチうどん」を出前した将棋会館近くのそば店「みろく庵」の担当者はこう話す。

「昨年暮れの対局時は玉子雑炊(600円)を召し上がったと聞いています。藤井さんはいつも1000円以下のメニューと決めているそうです。というのも、対局するのは自分より年上の方ばかり。目上の人よりも高価なものは注文しないという気遣いでしょう。今回の対局は有楽町なので、出前をお届けすることはできませんが、ご健闘をお祈りしています」

 運命の対局は2月17日10時30分開始──。食うか食われるかの真剣勝負を期待したい。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃