エンタメ

藤井聡太五段「羽生永世七冠」打倒へのV秘策(3)史上初の「中学生六段」へ

 実はこれまで両者は非公式戦ながら2度対局して結果は1勝1敗。初顔合わせとなったネット番組の企画では、先手を取った藤井五段が序盤から攻め続け、羽生竜王が持ち時間を使い切ったところで戦局はさらに有利に傾く。結果、111手で羽生竜王を投了に追い込んだ。

「個人的には、秘策がなくても藤井五段が勝つかもしれないぞと思っています。それが早指し戦です」(椎名氏)

 この戦いに藤井五段が勝ち、同日に行われる決勝を制すれば、「ひふみん」こと加藤一二三氏(78)が1955年に樹立した、最年少一般棋戦優勝記録(15歳10カ月)を塗り替え、同時に六段への昇段が決まる。藤井五段にとって羽生戦は、史上初の「中学生六段」へと続く大一番となるのだ。

「どちらが勝っても、今後の将棋界を占ううえでたいへん意義深い歴史的な対局になるのは間違いありません」(松本氏)

 世代交代をかけた2人の戦いはこれからも続く。

「今後、持ち時間が5時間、6時間の対局を重ね、星の偏りがどうなっていくかが楽しみです。将棋というのは、100局指して強さを計る世界です。例えば、羽生竜王が55勝45敗で勝ち越すのか。それとも逆になるのか。その記念すべき最初の一局ということです」(前出・椎名氏)

 さて、藤井五段の名勝負で注目を集めるのが「将棋メシ」だ。昨年6月、歴代新記録となる公式戦29連勝を飾った際に「豚キムチうどん」を出前した将棋会館近くのそば店「みろく庵」の担当者はこう話す。

「昨年暮れの対局時は玉子雑炊(600円)を召し上がったと聞いています。藤井さんはいつも1000円以下のメニューと決めているそうです。というのも、対局するのは自分より年上の方ばかり。目上の人よりも高価なものは注文しないという気遣いでしょう。今回の対局は有楽町なので、出前をお届けすることはできませんが、ご健闘をお祈りしています」

 運命の対局は2月17日10時30分開始──。食うか食われるかの真剣勝負を期待したい。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!