芸能

天才テリー伊藤対談「濱松 恵」(3)アメリカの彼氏もヤバい奴でしたね

テリー 川崎麻世さんともそういった関係はあったの?

濱松 まあ、ご想像にお任せします(笑)。麻世さんの家には、よく遊びに行っていたんですよ。

テリー それ大丈夫なの?だって(奥さんの)カイヤさんがいるじゃない。

濱松 いえ、その頃はもう別居していました。狩野さんとのこともあって、家でお酒を飲みながら相談に乗ってもらったりしていた時に、私、酔っ払ってソファーに座っていたら、麻世さんがスカートの中に顔を突っ込んできて(笑)。でも、別に嫌いじゃなかったですから。

テリー あ、じゃあ麻世さんとはずいぶん前から知り合いだったけども、そんな雰囲気になったのは、その時が初めて?

濱松 そうです。

テリー それがどうして週刊誌に載っちゃうの?

濱松 たぶん、狩野さんとの報道の直後だったので、そのままずっと記者に張られていたんですよ。

テリー タイミングからいくと、恵さんが週刊誌に売ったと思われそうだな。

濱松 本当にいつもそう言われるんですが(苦笑)、そんなことするわけないじゃないですか。しかも、麻世さんは、私になんの連絡もなしに、次に出る舞台のポスターの前で勝手に会見を開いたんです。もう頭にきて、それから連絡を取らなくなりました。

テリー ふーん、真偽はともあれ、そんなことが続くと恵さんに対する風当たりは強くなるよね。

濱松 そうですね。だから日本にいられなくなって、14年頃アメリカに引っ越しました。

テリー えっ、お子さんもいるのに、大丈夫だったの?

濱松 その間は、同居している母親にお願いして。もちろん、2人には一緒に行くかどうかを聞いたんですよ。でも「行きたくないから、勝手に行って」って言うものですから。

テリー とことん自由な女だな(笑)。仕事とかは大丈夫だったの。

濱松 レポーターをしたり、ドラマに出たりしていました。昔から海外のあちこちで暮らした経験があるので、英語は話せるし、あんまり言葉には困らないんですよ。私、どこへ行っても、何をやっても生きていけると思います。

テリー いや、たくましいね。向こうでは、どういうところで暮らしていたの。

濱松 最初はマイアミのモーテルみたいなところへ入ったんですけど、向こうでフィギュアスケートのスウェーデン代表のオリンピック選手と知り合って、「モーテルは危ないから、うちへおいでよ」と言われて、そのまま同棲することになったんですよ。

テリー えっ、話が急展開すぎてついていけないんだけど(笑)。なんでまた、オリンピック選手と知り合うことができたの?

濱松 私、昔アイスダンスをちょっと習っていたんですよ。マイアミのキーウエストにスケートリンクがあったから、久しぶりにやりたいなと思って行ったら、彼から「キミ、日本人?」と声をかけられまして。彼はそこで、コーチを務めていたんです。

テリー その彼とのおつきあいは?

濱松 1年半ぐらいで別れちゃいました。同棲して初めてわかったんですけど、彼、ヤク中でヤバいヤツだったんですよ。ラリると暴力を振るわれて、「これは本当に殺される」と思って、日本に逃げちゃいました。

テリー いやいや、もういちいち出てくる話がすごすぎるよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!
4
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性
5
渦中の若妻が衝撃告白!“紀州のドン・ファン”は「機能しなくなっていた」