芸能

小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(2)「アンチエイジング」が大嫌い

 今でこそ、しっとりとしてお酒の飲み方も覚えた小泉だが、かつては「ゴッド姐ちゃん」よろしく、豪快な飲みっぷりは芸能界でもつとに有名だった。

「40代前半の頃は、飯島直子(49)やYOU(53)らと頻繁に飲み歩き、とにかく長い。閉店時間の朝5時を過ぎても店から出てこなくて、結局、昼12時まで飲んでいました。片手にシャンパン、片手にタバコがキョンキョンの定番スタイル。周りがバタバタ酔い潰れていく中、介抱していましたね。会員制のクラブで飲んでいた時は、飛び入りでDJを始めて、自分の曲をかけて踊りながらお客さんを盛り上げていました」(松本氏)

 その生活ぶりも自然体そのもの。生活費の大半を気がねない友人との酒代に費やしていたというだけあって、天真爛漫な笑顔とフェロモンは長年の夜遊びのたまものと言っていい。小泉を知る民放局スタッフもこう証言する。

「事務所に所属していた時は給料制で、明細を見るのも嫌だったほど。後輩やスタッフにおごる分の酒代があればよくて、暇があれば飲みに行って、新宿2丁目のゲイバーの常連だった。小泉さんは酔い潰れるというより、疲れて気絶する感じ。閉店後に行きつけのバーのソファや玄関の外で寝ていたこともあったそうです」

 40代になり、一時は御用邸で知られる神奈川県・葉山で生活を送ったもののネオンが恋しくなり、隠居生活は4年ほど前に解消。

「葉山だと友達があまり遊びに来なくなったり、私生活と仕事の切り替えが難しかったそうです。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(13年)の撮影が始まって、現場に通うのが大変だったこともあり、東京に戻ってきました。50代になってからは親友のYOUとの家飲みがもっぱらで、デパ地下の総菜を食べながらダラダラと過ごしているとか」(前出・民放局スタッフ)

 16年2月には、90ページにわたりキョンキョン特集を組んだ雑誌「MEKURU」(ギャンビット)でスッピンや自宅を公開。異例の売り上げで重版となったこともあった。

「『アンチエイジング』や『美魔女』という言葉が大嫌いで、撮影現場に行くのもほとんどスッピン。女優で大先輩の沢村貞子に憧れていて、年を重ねても自然体でいたかった。映画関係者が深夜に電話で飲みの誘いをした時も、寝起きだったのか、ボサボサ頭で寝巻きのような格好で駆けつけ、呼んだ相手のほうが『本当にキョンキョン?』って驚いていましたね」(ベテラン芸能記者)

 自由奔放に飲み続けたことで、極上の「燗熟ボディ」はよりいっそうイロッぽさを増していった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!