芸能

芸能界・仮想通貨「バブル再騰」がよくわかる“超”基礎知識(1)謹慎芸人が「億を儲けた」

「全財産を失った~」「今こそ買い!」と芸能人が何やら騒ぎ立てている仮想通貨をご存じか。つい先日にはハッキング被害で約580億円もの顧客資産が闇に消えたが、バブルは終わるどころか再騰の兆しを見せているという。いったいどこでどう買えばいいのやら‥‥。基礎中の基礎からみっちりレクチャーする。

 去る1月26日に大手仮想通貨取引所「コインチェック」がハッキング被害にあい、580億円相当の仮想通貨・NEM(ネム)が流出。約26万人の資産が泡と消え、この巨額流出事件の波紋は芸能界にも広がりを見せた。

 預金のほとんどをNEMにしていたというお笑いコンビ・藤崎マーケットのトキ(33)は、1月29日放送の情報番組で、こう苦しい胸中を明かした。

「急に貯金がゼロになることがこの世にあるんだなと‥‥」

 サバンナの八木真澄(43)も事件で約30万円を失い、1月31日放送の「クローズアップ現代+」(NHK)で「被害者」として体験を語っている。テレビ関係者が明かす。

「多くの芸能人が仮想通貨にコッソリ投資していましたから、みずから名乗り出たトキやサバンナの八木は氷山の一角。被害を受けた芸能人は相当いますよ」

 カミングアウトできない理由は、被害があまりに深刻なためだろう。

「コインチェックでNEMに投資していた中で、『被害額最大』と言われているのが、昨年5月に飲酒運転で逮捕され、現在も謹慎中のガリガリガリクソン(31)。彼は比較的早く仮想通貨に目をつけ、昨年末には『儲けが億を超えた。芸人よりもよっぽど儲かるぞ』と偉そうに吹聴していたので、『ザマアミロ』と思っている芸人は多いはず。レイザーラモンHG(42)の妻として知られる実業家兼タレントの住谷杏奈(35)も数百万円単位のダメージを受けたようですね」(前出・テレビ関係者)

 流出事件の被害者は、こうしたコインチェックの利用者にとどまらない。

「昨年の12月には200万円を超えていたビットコインの価格が2月6日に60万円台まで下落するなど、全体的に仮想通貨の価格が暴落しています。ビットコインを“天井”で買ってしまった人は、短期間で約3分の1にまで財産を減らしたことになります」(前出・テレビ関係者)

 超大物芸能人にも「大損」の噂がささやかれている。

 その一人が1月21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、

「ビットコインを何個か買いました」

 と明かしていた松本人志(54)だ。

「松本はビットコインへの投資で2000万円ぐらい儲かっていたと見られていたのですが、今回の暴落でほとんど溶かしてしまったようです。他には市川海老蔵(40)が“天井買い”で3000万円も損したとの噂も聞かれます」(ワイドショースタッフ)

 そんな中、「仮想通貨の伝道師」と呼ばれた芸人が集中砲火を浴びている。

「昨年から誰彼なく仮想通貨投資を勧めまくっていたたむらけんじ(44)が、『お前のせいで損をした』と周囲から恨みを買っているんです。しかも当のたむらは暴落前に売り抜けることができてバカ稼ぎしたそうで、そうした噂話が怒りの火に油を注いでいるんですよ」(前出・テレビ関係者)

 勝ち逃げは許されない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」