芸能

団員よりパチンコ? 安田大サーカス・クロちゃん「非情ぶり」がドン引きモノ!

 クズなのは知っていたが、度を越えている!?

 お笑いトリオの安田大サーカス・クロちゃんが、2月8日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演。メンバーのHIROが脳出血で危険な状態にあった際のクロちゃんのあり得ない言動が明らかとなった。HIROは昨年6月に突如、激しい頭痛と嘔吐に見舞われ、病院へ行ったところ、脳の中で出血が起こる左脳室内出血であることが判明。すぐに緊急治療室に運ばれ、処置して一命はとりとめたものの、あと少し発見が遅かったら、命の危険もあったという。

 この事態に団長安田やHIROの両親は病院に駆けつけたというが、クロちゃんだけはみずからの意思ではお見舞いには来なかったことが団長により説明されている。何でも、団長が無理やり1回だけお見舞いに行かせたというのだが、最初にHIROが深刻な事態であることを団長が電話でクロちゃんに伝えた時には考えられない返答がきたとのこと。その返答が「今パチンコ出てるんすよね」。何とクロちゃんは生死をさまようメンバーとパチンコを天秤にかけて、パチンコを優先しようとしたというのだ。これにクロちゃんは「(パチンコを打つのを)やめたら空気変わるから、とりあえず打っておこうと思って」と、ギャンブラー特有のオカルトを語るも、共演者たちはみごとにドン引きしていた。

 このクロちゃんの“鬼畜対応”に視聴者からは「全然笑えないんだけど…」「クロちゃん、冗談抜きで気持ち悪いわ」「ウソつきだし、もはや人として終わってるな」と、批判の声が相次いでいる。

「クロちゃんといえば、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の検証企画で、毎日のようにしょうもないウソをついていたりと、そのクズっぷりが話題になっていましたが、まさかここまで情がない男だったとは衝撃です。何でもこの時は結局、病院に駆けつけたようですが、クロちゃんのことですから、ひと通りパチンコの当たりが終わってから病院に向かったのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 HIROの脳出血の原因は暴飲暴食が原因だったというが、クロちゃんも乱れた食生活が原因で、2型糖尿病など6つの疾患があり突然死の可能性もあることが医療バラエティ番組で明らかになったばかり。こうした行いに“天罰”が下らないことをただただ祈っている。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化