芸能

度が過ぎる「クロちゃんキモい」の風潮にアイドル業界から大反論!

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんに対する“キモキャラ”いじりが、さすがに度を越してきているようだ。最近はクロちゃんのやることなすことすべてを気持ち悪がる風潮も生まれているが、クロちゃんの専門分野である「アイドル」に関しては、業界全体から擁護の声もあがっているという。アイドル誌の編集者が指摘する。

「クロちゃんは足しげくアイドルライブに通っては、ライブの様子やメンバーのMCを細かくメモ。彼の視点が詰まっているそのメモはアイドル業界から一目置かれています。ところが2月14日放送の『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)では、クロちゃんの『ボクはメモリストなんで』という言葉に共演者が過剰に反応。メモを取ること自体が気持ち悪いというノリで場が進行し、業界中から『ふざけるな!』との非難が寄せられています」

 その場面ではクロちゃんが「家に帰って(メモを)見返して『うふふ』って笑ったりとか」と語る場面も。ここでゲスト出演していたアイドルグループ「原駅ステージA」の磯部杏莉と牧野真鈴がドン引きしていたと報じるメディアもあったのだが、そういった記事に対しても大ブーイングが飛んでいるという。

「その場面では、MCを務めるラフレクランの西村真二が『すごいっすよ、アイドル本人がガチ引いてますねえ』と、原駅ステージAに対して強引に振ったのです。そこで彼女たちもしょうがなく愛想笑いしていたのは画面を見ても明らか。そもそもクロちゃんがライブ中にメモを取っていることは、彼と面識のあるアイドルなら誰でも知っている業界の常識ですよ。つまりこの演出はクロちゃんばかりではなく、原駅ステージAの二人をもバカにしたものであり、本当に許せませんね」(前出・アイドル誌編集者)

 そもそもテレビ業界では、アイドル関連の企画を作る際にはクロちゃんにも意見を求め、そのメモを参考にして番組が作られることもあるほど。クロちゃんがイジられること自体は芸人としての宿命だが、そのアイドル愛まで茶化すような演出は厳に慎んでもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然