芸能

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<徹底リサーチ・話題作を彩った〈艶シーン〉をプレイバック>

 かつての大作映画には、女優たちの艶かしいシーンが差し込まれていたことは、誰もが淡い思い出として記憶しているはずだ。女子供も観るもの? そんなことは関係ねえ、とばかりに、男気あふれる作品を、カラミのシーンの評論家でライターの松井修氏が生々しく再現して見せる。

 アクションあり、特撮あり、ロマンスありでオールキャスト、そして配給収入は23億円を突破。公開と同時に発売されたVHSは7億円を売り上げたという、名実ともに大作にふさわしいのが「里見八犬伝」(83年、角川春樹事務所)でした。

 薬師丸ひろ子の真田広之とのラブシーンは、淡いながら2分もの間、騎乗位など体位を変えながらファックする。さらに驚愕したのが夏木マリのヌードシーンです。血の池に全裸入浴し、立ち上がって血をすくって飲み‥‥。

 子供も観るような娯楽大作にもかかわらず、こうした場面を入れるのは、さすが濡れ場名人でもある深作欣二監督と感心しました。

 前評判では「制作費10億をかけて原寸大の江戸城大奥を再現した」と話題になった「女帝 春日局」(90年、東映)では、当時40代後半の十朱幸代が濡れた襦袢から乳房を透けさせ、鳥越マリは上半身ヌードで騎乗位をやり、さらに豪快に全裸疾走。吉川十和子も、はだけた着物から片乳房がこぼれ落ちます。

 実は肝心の本編が空回り気味で盛り上がらなかっただけに、こうしたお色気シーンが救世主だったと言っても過言ではないほど、女優陣の奮闘が光る大作です。

 また、松坂慶子の体当たり演技ばかりに視線が行きがちな「青春の門」(81年、東映)ですが、推したいのは杉田かおる。子役スターだった彼女が、大人になった初ヌードを披露し、話題となりました。

 二部作後編となる「青春の門 自立篇」(82年、同)では、みずからパンティ一枚となり、佐藤浩市相手のウブなファックを見せています。そのパンティの、いかにも“昔っぽさ”と、決してよくないプロポーションの実在感にそそられます。その点は、東宝版に出演した大竹しのぶにも同じことが言えますね。

 戦前から11度も映画化された、オールスター文芸映画のド定番といえば、「人生劇場」(83年、東映)。松坂慶子や森下愛子など、濡れ場慣れした女優が出演する中で、新鮮な魅力を放っていたのが、同作で初ヌードに挑戦した中井貴恵。

 スレンダーながらキレイに膨らんだお椀形のバストを、松方弘樹との対面座位で披露。さらに風間杜夫にも、しっかりと胸を愛撫されたあと、正常位で静かにアエいでいます。

 かつて、大作に濡れ場があふれていた理由の一つに、「プレッシャーがかかった製作サイドが、とにかく娯楽要素を盛りだくさんに入れたくなるから」といったことがあげられると思います。

 さらに当時は、「18禁映画」と「一般映画」の区分けしかなく、ちょっとした濡れ場やヌードシーンが入っているレベルでは、一般映画として公開できていました。だから、特に必要のないシーンで男性向けサービスとして、短くインサートされることが多かったのではないでしょうか。

 近年は規制も細かく、増加した女性客への配慮もあってか、大作の男性向けサービスエロスは、悲しいかな死滅している現状ですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
2
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?