スポーツ

中日・松坂大輔復活のカギは「クックパッド自炊」にあった!?

 ブルペン入り、フリー打撃登板、練習試合…そしてオープン戦と、投球のたびにニュースになり、今年のキャンプ~オープン戦までの“主役”と言っていい中日・松坂大輔。投球内容も、全盛期には遠く及ばないが、まずまずの及第点といったところで、今シーズンの復活が期待されている。

 3月6日に発売された写真誌「FLASH」に、松坂大輔のインタビューが掲載された。ソフトバンク退団から中日入団までの経緯と葛藤、復活にかける思いが本人の口から語られている。

「全国40カ所を超える病院を渡り歩き、ついにたどり着いた千葉・船橋の病院で痛みの原因を突き止めることができたそうです。で、痛みから解放された昨年の終盤には手応えを感じてはいたものの、ソフトバンクは4年目の契約を結ぶことはなかった。その際、西武時代の投手コーチだった中日、森繁和監督から声がかかり、その場では返事できなかったものの、現在は中日編成部の国際渉外担当を務めており、公私共に世話になったというデニー友利氏に相談。その時に『来いよ!』と言われたことが決め手となり、中日のテストを受ける覚悟を決めたそうです」(スポーツライター)

 松坂の主張を見る限りでは、やはりソフトバンクの3年間とはコンディションがまったく違うことがわかる。

「誌面には、昨年、FLASHがインタビューした際に『ボールに抱負を書いてもらう』よう手渡したところ、『申し訳ないけど書けません。今年に懸けるなんて、とても言える状態じゃない』と断られたカットも掲載されていました。また、打撃について水を向けられると、『二刀流をテーマに頑張っていきたいです(笑)』と冗談を言う余裕まである。これはかなり状態がよくなってきている手応えを感じている証左ですね。また、スナック菓子や焼肉が大好きで、年を追うごとに太りがちだった松坂ですが、ソフトバンク時代同様、妻子をアメリカに残して単身赴任を続けるそうで、『クックパッド』を見ながら料理をしていることも明かしていました」(前出・スポーツライター)

 ヤクルトの成瀬善久、ロッテの涌井秀章と、横浜高校出身投手は、“プロが楽に感じる”という高校時代の練習量から、プロ入り後に太ってしまう傾向にあると言われているが、ついに松坂も37歳を迎え、暴食を受け付けない体になったのかも知れない。「クックパッド」とともに栄養管理に努めれば、また一歩、完全復活に近づける?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ