芸能

「アサ芸ギャンブル部」〈空気階段・鈴木もぐらが「借金人生」をプレイバック!〉(2)

─そんな中、芸人としてブレイクして、借金もほとんど返し終えたとか。今は配信番組「もぐら×岡野の『くずパチ』」などでも、楽しそうにパチスロを打つ姿を拝見しています。

「業界的には、パチンコ優位の時代がまだ続いていると思うんですが、やっぱりどっちに愛が強いかと言われたら、微差ですけど僕はパチスロなんです。完全にパチンコ派だった僕を戻してくれたのも『島唄』と同じ沖スロの『沖ドキ!』(ユニバーサルエンターテインメント)で、その後『ミリオンゴッド〜神々の凱旋〜』(同) や『リノ』(山佐)あたりが出たぐらいから『面白い台があったら、打ってみようかな』と思えるようになりました」

─大体ホールの設置が14〜15年にかけての機種ですね。ということは、パチスロに復帰されてから10年ぐらい経つわけですが、その間、6号機やスマスロも登場しました。

「スマスロの沖スロ『チバリヨ2』(オーゼキ/ネット)も出てますからね。ここからまたスロットの時代になってくれたら、なんて思っています(笑)」

─それにしても、沖スロがお好きですね。

「パチスロの場合『ミリオンゴッド』に代表されるような、大量出玉の爽快感は、もちろん楽しさの要素として大きいですけど、僕の場合は、やっぱり沖スロの音だったり、光だったりが本当に好きで。とりあえず、あの『キュイン! キュイン!』って音を聞いたら、脳汁が大量に出るじゃないですか!」

─ハイビスカスがピカッと光る瞬間だったり。シンプルな当たりの演出だからこそ、打ち手もドストレートに気持ちよくなれる、ということですか。

「そうですね。『島唄』のフグランプなんて、日常生活であんな色で光るものはないですからね。パチンコ屋さんでしか見られないんですよ。だから、パチスロも目的としては旅行に行くのと全然変わりません。普段は見られない景色が見たい。その上でお金が増える可能性まである。それがパチンコ・パチスロの素晴らしいところだと思います」

─もぐらさんがパチスロで学んだこと、人生訓などはありますか?

「学んだことはないですね(笑)。今となれば何の役にも立っていない。ただ僕は、パチスロのメダルを数えることなく、片手で毎回13枚ぴったり取ることができます。手が覚えてるんですね。僕が得たのは本当にそれだけ(笑)。でも、ずっと楽しいんですよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒