芸能

島田秀平とゲッターズ飯田、2大「占いワク盤石」芸人の共通点とは?

 イヤーエンドと年始が繁盛期の職種といえば、占い師。この年末年始、手相占い芸人の島田秀平も稼ぎまくったに違いない。同様に、統計学をもとにズバリと当てまくるゲッターズ飯田も、見ない日はなかった。そんな彼ら2人には、ある共通点がある。今はピンだが、かつてはコンビ芸人だったのだ。

「現在もホリプロコムに所属する島田さんはかつて、『号泣』という漫才師でした。幼なじみの赤岡典明さんが相方で、ツッコミを担当。お笑いライブでトリを飾ることが多く、正統派漫才師としてどこに出しても恥ずかしくなかったんですが、いかんせん華がなかった(苦笑)。賞レースに縁がなく、番組オーディションでもいい結果を出せなかった。でも、事務所の大先輩である和田アキ子さん、仲間のバナナマンの手相を占うと、見事に的中。芸人仲間で“当たる!”という口コミが広がったことでコンビ格差が生じて、08年に解散。赤岡さんは、芸能界を引退しました」(お笑い雑誌の編集者)

 和田アキ子やスピードワゴンといった事務所関係者の助言もあって、芸人活動も続行中。手相のほかに怪談、都市伝説、パワースポットめぐり、開運術など、話術一本で勝負している。対してゲッターズ飯田は、芸人業から退いている。

「よしもとクリエイティブ・エージェンシー名古屋支社に所属していた彼は、津村英世さんを相棒にして99年、『トノサマガエルアマガエル』を結成。その後、ケミカルコミカル、ゲッターズに改名しました。最後のコンビ名をピン転向後も継承した形です。芸人時代から、占いを独学。データを蓄積していくうちに、独自の統計学を編みだしたんです。飯田さんも島田さんと同じく、占いに自信を持ったことで解散しています」(前出・編集者)

 島田と飯田はともに「2018年は芸能スキャンダルと不貞が相次ぐ」と占っていた。早くも1月、ももいろクローバーZから有安杏果が卒業して、不貞がらみでいえば、音楽業界からの引退を表明した小室哲哉にフジ・秋元優里アナ、池谷直樹らの「疑惑」が噴出したほか、小泉今日子にいたっては不貞交際をみずから公表もしている。これはほんの、序の口か!?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】