社会

儲かる「仮想通貨」安全購入銘柄7選(2)昨年の最高値を超える場面も

 昨年4月からは金融庁への登録が義務づけられ、現在は16社が登録中。ちなみに、NEMの流出騒動を起こしたコインチェックは、今年1月の時点ではまだ審査中で、登録が済んでいなかった。それにもかかわらず同社が営業できたのは、登録制導入前からあった取引所は「みなし業者」として営業を続けられるという特例を設けたため。結果的にずさんな管理体制のまま営業を続けることとなり、それが流出騒動につながったとも見られている。

 取引所によって仮想通貨の売買価格や出入金の手数料、最低取引単位などは少しずつ異なるが、基本的にどの取引所も口座開設・維持に費用はかからない。

 口座を開設したら、いよいよ投資の開始。ただ、仮想通貨は約1500種類ある。いったい何から買えばいいのか。仮想通貨取引所フィスコのアナリスト・田代昌之氏によると、初心者はやはり【1】ビットコインから始めるのが無難だという。

「仮想通貨全体で言えば、コインチェックの流出騒動後、金融庁も“みなし業者”の整理などに本腰を入れる方向です。これまで無法地帯だった業界全体が健全化に向かっています。こういった規制の強化は、短期的には投資家に嫌がられ売り先行につながるのですが、中長期的に見れば好材料。ビットコインに関して言えば、今年中に、昨年の最高値である220万~230万円の水準を超える場面があると思います」

 株式や為替などの取引に比べ、仮想通貨の情報はまだまだ少ない。だが、仮想通貨の王様とも言えるビットコインはインターネットや新聞などで報道される機会も多い。

「アルトコインに比べて圧倒的に情報が多いので、初心者でも比較的容易に情報収集ができる。その意味でも、まずはビットコインから始めることをお勧めします」(田代氏)

 先の高城氏もビットコインを推奨する。

「優秀な技術者が集まっているので、コイン自体の進化が続いています。システム改善で、より少額・低コストで送金できるようになりそうで、よほどの悪材料がなければ、年内には高値を更新し、300万円を付けにいく場面もあると見ています」

 ビットコインの売買に慣れ、アルトコインもやってみたいという人は「時価総額で5位以内に入っているメジャーな銘柄にしぼったほうがいいでしょう」という田代氏のアドバイスを参考にしたい。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
3
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
4
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
5
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性