芸能

細木数子が「六星占術」出版社を地獄に堕とした(1)社長交代であのベストセラーの版権が…

「アンタ、地獄に堕ちるわよ!」。歯に衣着せぬ辛口の占いで一世を風靡し、08年に芸能界を引退した細木数子氏(79)の周囲が、にわかに騒がしくなっている。占いでも予期できなかったトラブルの内実とは──。

 細木氏を当代きっての売れっ子占い師にしたベストセラー「細木数子の六星占術 あなたの運命」シリーズは、昨年8月に発売された平成30年版をもって累計1億部を突破。12年には「占い本世界一」としてギネス認定もされている。しかし、それを発行する老舗出版社「KKベストセラーズ」が今、まさしく“大殺界”と言うべき苦境に立っているというのだ。同社社員が打ち明ける。

「2月1日、社長の栗原武夫氏が、1月31日付で社長を退任したことを社員に報告しました。ウチは前会長の栗原幹夫氏を筆頭に栗原一族とそのシンパで重役を固めた、一族経営に近い組織でした。彼らが持つ30億円以上とも言われる社の全株式を、廃業支援特化のコンサルティング会社代表で、33歳の公認会計士・塚原浩和氏が買収し、社長に就任したのです」

 同社員によれば、新社長は早々に、

「出版には興味がない」

「コンテンツの切り売りを進め、雑誌もいくつか休刊する」

 と宣言。それを受けて社内では、真っ向から団体交渉する者、転職準備に励む者、会社の方針が定まらないことで心身の不調を訴える者らで混迷し、「出版素人に何がわかる!」という憤りの声も続出するありさまなのだという。

 そして2月21日、さらに同社とその全社員を“地獄に堕とす”「重要連絡事項」と題された社内文書が出回った。そこには、塚原氏が細木氏の事務所社長と面談を実施したとあり、

〈先方より他の出版社で来年度は出版を行うことが決定した旨のご連絡を頂きました。

 出版社の変更理由につきまして、細木数子先生がベストセラーズでは出版を出したくないという理由です。〉(原文ママ)

 という驚愕の決定が記されていたのだ。

「『六星占術』は、最盛期の売り上げは50億円以上、現在でも10億円は下らない、ウチの“生命線”です。版権をヨソに持っていかれたら、ヤバいなんてもんじゃありません。しかも、社長交代劇と同様、完全に事後報告ですからね。担当編集者も寝耳に水だったようです」(前出・KK社員)

 期せずして湧いた「10億円トラブル」に、社内の動揺は計り知れないという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…